TEL

立ち仕事による腰痛 | 痛み・痺れがスッキリ 先生ありがとうと言わせてしまう整体治療院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

立ち仕事による腰痛

2018.07.24 | Category: 腰痛

立ちっぱなしの仕事で腰痛に悩まされている人は少なくありません。
長時間立ったまま作業をしていると足腰に負担がかかりやすくなります。
 
そして人は同じ姿勢が続くことで無意識に左右どちらかに重心を傾けてしまっています。
 
この重心のズレが長く続くことにより身体がゆがみ、腰痛を引き起こす原因になるのです。
 
立ち仕事の人が腰痛を防ぐためのポイントは「良い姿勢」を意識することです。
 
足を軽く開き肩の力を抜いて背中をピンと伸ばします。
腹筋も意識しお腹に力を入れて立つと良いでしょう。
 
と言っても作業をしながら常に意識しているのは難しいですね。
 
出来る事なら1時間に1回しゃがんだり少し歩いたりしてみて下さい。
同じ姿勢を長時間続けると筋肉が硬くこり固まってしまい硬くなった筋肉が神経を圧迫することで痛みが出てきます。
 
人の身体は「長時間同じ姿勢を続ける」ことに向いていません。
同じ姿勢が長く続いているなと感じたら身体を動かすクセをつけてみて下さい。
 
こまめに姿勢を変えてストレッチすることで筋肉の疲労をやわらげ腰痛の予防につなげる事ができます。
 
日頃からのほんの少しの習慣を身に着けて腰を大切にしましょう!

肉体労働による腰痛

2018.07.24 | Category: 腰痛

じっとしているよりも身体を使う仕事の方が腰が楽という方もいますがやはり、肉体労働の方は腰にかかる負担は大きいですね。
 
重たいものを運ぶのはもちろん腰に負担がかかりますが作業姿勢で前かがみのまま行う作業や立ったりしゃがんだりを繰り返すことも腰を痛める原因になります。
 
体格ががっしりしている。体力的に結構自信がある!という方でも肉体労働を始めて腰痛になったという方が多くいます。
 
なんでがっしりしていて力持ちの人が腰痛になるの!?
 
原因は身体の使い方にあります。
 
しゃがむ時、物を持ちあげる時、台車を押す時など腰を中心に動かしてしまっていませんか?
 
中心に動かす部分は当然、負担が大きく疲労が溜まりやすくなるので痛みを引き起こしやすくなります。
 
ポイントは膝をうまく使う事です。足を一歩前へ出してひざを曲げ作業することで腰にかかる負担を減らすことができます。
 
肉体労働の方はとにかく身体に蓄積される疲労が多いので痛くなる前に筋肉をほぐすなどのケアをすることが大切です。
 
背中や腰、おしり、足、ふくらはぎまで広範囲にわたって疲労している場合がほとんどなので全身のケアがおすすめです。
 
セルフケアとしては、お風呂にゆっくり入り筋肉をリラックスさせてからストレッチをする事が良いでしょう。
 
全身に溜まった疲れを放っておいてしまうとぎっくり腰を起こしてしまったり、腰痛が慢性化してしまい、ひどい場合、お仕事が出来なくなってしまいます。
 
日頃から腰をいたわり意識することで疲労感を蓄積させずに元気に働くことができます。!

寝返りの回数と腰痛の関係

2018.07.24 | Category: 腰痛

今や日本人の4人に1人が抱えているという国民病とも言うべき腰痛。
ある腰痛の調査で、時間帯別発症状況をみると朝8時~10時までが痛いと感じている人が多いようです。
 
朝起きてすぐ腰が痛いのは本当につらいことですね。
そこで新事実!寝起きで腰が痛い人は夜寝ている間の寝返りの回数が少ない!ということが分かりました。
 
一般的に人は夜寝ている間に20回以上の寝返りを打ちます。
寝返りの少ない(できない)人は、筋肉が硬くなり動きづらくなっているのです。
 
どうしても寝返りが必要なのかというと同じ姿勢が続くことで内臓と内臓脂肪の重さが同じ筋肉に負担をかけ続けます。
 
そのため筋肉が炎症を起こして起きた時に痛みを感じてしまうのです。
内臓、内臓脂肪の重さは体重の4割を占めていると言われているので、この重さがずっと同じところにかかり続けるというのはかなりの負担になるということが分かりますね。
 
なので寝ている間に沢山の寝返りを打ち、筋肉の炎症を起こさせないことで腰痛を引き起こさず元気に朝を迎えられるといことになります。
 
より多くの寝返りを打つためには全身の筋肉を柔らかくしておく必要があります。
普段から身体を動かして全身の筋肉を使うことで寝ている間に無意識にでも身体は楽に動くようになります。
 
 
 

薬を飲み続けると病気になる!?

2018.07.24 | Category: 神経痛・ストレス・慢性疲労

『薬などの化学合成物質で人は元気にならない』
 
こうおっしゃっている整形外科の先生がおられます。
当院のような整骨院ではお薬を処方することができないので、人が本来持っている自然治癒力を最大限に発揮できる手助けをすることを基本に施術します。
 
しかし、整形外科では注射やお薬で辛い痛みを素早くおさえてくれます。
でも注射やお薬で痛みがおさまったとしてもそれは一時的なもので、根本的に身体の悪い部分が改善されたわけではありません。
 
 
今回は、よく処方される薬をいくつかピックアップしてご紹介します。
 

ビビアント・エビスタ

・骨粗鬆症の薬
⇒10年以上飲み続けると骨の腫瘍ができることがわかっている
 
 女性の骨粗鬆症に対しては、女性ホルモンに似たこれらのお薬が処方されることがあるが、これらは天然の女性ホルモンではないため子宮や乳房への副作用が懸念されている。
 

ロキソニン・デパス・ハルシオン・レンドルミン

・鎮痛剤
⇒胃腸障害(胃痛・嘔吐・下痢・胸やけなど)、肝障害、腎障害
ロキソニンは日本では市販されているので簡単に手に入りますが、アメリカでは副作用が多いので処方する医者は少ない
 
痛みを訴える患者に対して睡眠導入剤や筋弛緩を目的として処方される
⇒依存性が強い。急にやめるとせん妄やけいれん発作などの禁断症状
 飲み続けると脳の機能が落ち、認知症の原因
 

リリカ

※特に注意が必要なお薬※
 
抹消から脳の中枢への伝達経路をブロックして痛みの感じ方を鈍くするお薬
神経障害性疼痛、繊維筋痛症(全身や身体の広範囲に激痛が起こる症状)の治療薬としてなかなか取れない痛みに対して処方
ひざ痛や腰痛など経過が長引く場合や他の鎮痛薬が効かない場合に処方
 
⇒根本的な痛みを取り除くものではない
 中枢神経に作用するため副作用が多い(80%以上に副作用)
 めまい28%、傾眠40%
 服用をやめると、極度の疲労感、意識障害、不安感などの離脱症状が現れる
 やめるときは医師の指示のもと少しずつ減薬
 
 
お薬は表面上良くなったように見えるだけで決して病気を治したり身体を健康にするものではないということを覚えておいて下さい。
あなたが飲んでる薬は含まれてましたか?
 
以上、副作用が出るものも多いので薬の服用は医師の指示にしてがって下さい。

デスクワークの人に起こる腰痛

2018.07.14 | Category: 腰痛

勤務時間の大半を座りっぱなしで過ごしているデスクワーク!
「ただ座っているだけで腰を使っていないから大丈夫!」と思っていませんか?
 
立っているより座れば「らく~」と思うのは足を休めるからです。
腰に関して言えば立っている時より座っている方が1.5倍腰に負担がかかっています。
 
これは座ることで腰に体重がかかるようになるため腰にかかる負担が大きくなるのです。
 
デスクワークの方の過半数は1日6時間以上、椅子に座っているそうです。
特に、たばこを吸わない人は休憩を取らずに仕事をし続ける傾向にあるため、吸う人と比べて座っている時間が長い傾向にあります。
 
座っているだけでも腰にかかる負担は大きいのに長時間座り続けていると、腰の筋肉は硬くなり痛みが出てきます。
 
これを防ぐためには、まずは「長時間座りっぱなしでいることは良くないこと!」という意識を持ち適度に身体を動かしましょう。
 
「座りっぱなし」は身体を動かさない時間が長いという事で、運動不足にもなりますし腰痛だけではなく病気のリスク・死亡リスクは上がるという研究データーもあります。
 
座りっぱなしでいることで血液の流れが悪くなり血液はドロドロに…
身体の代謝機能も低下し、脳梗塞、狭心症、糖尿病などの病気のリスクもあがりますよ。
 
最低1時間に1回は立ち上がり5分程度の身体を動かすことを心がけましょう。
歩く事で血液が良くなります。屈伸運動もオススメです。
 
ふくらはぎを動かすことで下半身の血液をポンプのように上へ押し上げてくれます。
 
どうしても立ち上がれない場合は座ったままでも出来るストレッチもあります。
椅子に座ったまま、腰を左右に回したり捻ったりするのも良いでしょう。
 
足を伸ばしたまま腰の高さまで持ち上げて足首を前後に動かしたり回すだけでも良いです。
 
「座りっぱなし」によるリスクを知り、お仕事と上手に付き合いましょう。
 

なぜ季節の変わり目で体調を崩すのか!?

2018.07.13 | Category: 神経痛・ストレス・慢性疲労

季節の変わり目が苦手です。
元々、寒い冬も暑い夏も苦手ですが、それより何より季節の変わり目が最も苦手です。
 
なぜかって?寒暖差に弱いからです。
すぐに体調を崩してしまいます。
 
一番は頭痛!
とにかく肩こり、めまい、頭痛のトリプルパンチ!!
天気予報に雨マークなんてついている日はもう限界です。
 
これは自律神経の乱れから引き起こされている症状らしいです。
自律神経は気圧が上がったり下がったりするとバランスを崩しやすく、季節の変わり目はその影響が多い時期だそうです。
 
しかもこの自律神経は自分の意思ではコントロールすることができないらしいです。なんともやっかい。
 
ストレスなんて自分では実感ないんだけどな~
身体は自分が思うよりデリケートなのね。
 
☆自律神経の乱れやすさチェック☆
▢乗り物によいやすい
▢運動不足
▢肩こりがある
▢几帳面な性格
▢ストレスを感じやすい
 
1つでも当てはまったら注意が必要ですよ!
自律神経を整え強い身体を手に入れるためには「朝食をしっかり食べること」だそうです。
 
あとは適度な運動ですね。
日々の生活を見直し季節の変わり目を上手に乗り切ろうと思います。

健康のために野菜を採ろう!

2018.07.13 | Category: 神経痛・ストレス・慢性疲労

最近、スーパーやコンビニに売られているカット野菜が気になります。
 
自分で作る生野菜サラダは食べ残してしまうと翌日には切り口が赤く変色してしまうのにどうしてスーパーやコンビニのカット野菜はあんなに新鮮できれいなのでしょうか。。。
 
インターネットを使い色々調べてみたところ「やばい薬品につけている」「薬漬けになっている」など、なんともおそろしい文字が~!!
 
本当かどうかはわかりませんが、何か秘密があるのでしょうね。
薬を使っているのかどうかの事実はわかりませんが、1つだけ分かったことがありました。
 
すぐ食べられるようにカットし売られている野菜は衛生面を考えて大量の水でよ~~~く洗うそうです。
 
レタスやキャベツに含まれる栄養素はほとんど水溶性のため、水でじゃんじゃん洗うとほとんどの栄養は水に流れ出ていってしまいます。
 
あれ!?「健康のために野菜を採ろう!」と思ったのに……
 
野菜を採るつもりで栄養はなかった!!
やっぱり健康は手抜きしては手に入らないってゆうことですね。

疲労回復には脳内麻薬を使え

2018.07.13 | Category: 神経痛・ストレス・慢性疲労

「なんだか気分が上がらないとき」ってみんなありますよね?
よく5月病って言葉を聞きますが、私の場合、新生活に慣れるのに必死で五月は逆に元気モリモリでした!(笑)
 
でも6月に入ったとたん気持ちがガクッ…と下がったりして。
お天気もイマイチだしそのせいかな?なんて思ったのですが…。
 
4月5月を元気に乗り越えて、6月に同じような状態になる方が案外多いようですね!
 
そんな人にオススメなストレスケア方法は、ズバリ「運動すること」です。
運動を継続的に続けている人はあまりしていない人に比べてストレスに対しての対応力がある!という研究もされているらしいですよ!
 
運動することで交感神経が活性化し心拍が上昇し興奮状態になります。
この交感神経優位の時間が増えるとポジティブな思考になるため元気がわいてくるそうです。
 
おまけに運動をすることで脳内麻薬「βーエンドルフィン」という神経伝達物質が分泌されるため多幸感を得られやすくなるそうです。
 
この「βーエンドルフィン」はストレスを軽減させてくれるので疲れや悩み事で寝不足の方は良く寝れるようになるそうです。
 
おすすめはジョギング、ウォーキングなど「リズム運動」という規則的なワンパターンな有酸素運動です。
リズム運動をすることで、セロトニンも分泌されやすくなり心のバランスも整え心をさわやかにしてくれます。
 
適度な生活の中に運動を取り入れて心も身体もさびない元気を手に入れましょう!!

子供の運動神経を良くするには?

2018.07.13 | Category: 神経痛・ストレス・慢性疲労

自分が昔、運動が苦手だったから子供にはそうなって欲しくない
現代の子は自分が子供の頃より運動神経の悪い子が多い!?
 
こんな風に思われたことありませんか?
 
たしかに現代の子供は塾や習い事が多かったり何とか物騒な世の中で、一昔より公園で元気に遊ぶ子供の姿は少なくなった気がしますね。
 
どんな運動をすると運動神経が良くなるのか?
どんな運動が自分の子には向いているのか?
そんなお悩みを聞くことがあります。
 
まず大前提で運動は楽しく行えるもの!が一番です。
水泳やサッカーを親がやらせたいと思っても子供自身が楽しく思えなければ意味がありません。
 
小さいうちは集中力も短く色々なものに興味を持つ時期です。
小学校低学年ぐらいまでの時期に多種多様な動きを習得することで運動神経に関わる回路は発達します。
 
おすすめは遊びながら自然にできる運動です。
鬼ごっこやボール遊び、縄跳びなど親子で楽しく大人も運動不足解消になりますね。
 
鬼ごっこは、鬼を目で追う、つかまらない方へ逃げる、走る、しゃがむ…など様々な動きをして身体だけでなく脳も刺激されます。
 
この身体と脳を同時に使う事がとても重要になります。
小学生以下の子供はまだ呼吸器や循環器系などの器官が出来上がっていないので、長時間の運動には適していません。
 
この時期に遊びながら身体を動かしてバランス感覚やリズム感覚、敏捷性を発達させるのが良いでしょう。
そうすることで、その後専門性の高い運動の技術や習得も早くなります。
 
 

ぎっくり腰になった時にやるべきこと!

2018.06.27 | Category: ぎっくり腰

私はぎっくり腰になったことはありませんが、小さい頃、父が良くなっていました。
くしゃみをした瞬間にグギッ!と膝から崩れ落ちるように倒れた父の姿にはびっくりしたものです。
 
ぎっくり腰は誰にでも起こる可能性があります。
普段から運動習慣のある人も若い人でも誰にでも起きます。
もしもの時の為に正しい処置を学んでおきましょう!
 
ぎっくり腰の正式名称は「急性腰痛症」といいます。
原因は様々ですが、運動をしていて過度に腰に負担がかかったり長時間座り続けていて立ち上がる時に起きる場合もあります。
 
つまり、腰に異常に負担やストレスが蓄積された時に引き起こされています。
 
ぎっくりこしになってしまったら一番良い対処法はやはりすぐに病院や整骨院へ行くことですが、すぐに行けない場合、初期処が大切になってきます。
 

氷のうの使い方

まず、ぎっくり腰になった時はすみやかに氷のうなどで患部を冷やして安静にすることです。
 
氷のうがある方は氷をたくさんいれ水を少しだけ入れて下さい。
水を少しにする事で氷が長持ちし患部をよく冷やすことができます。
 
患部が痛いくらいにギンギンに冷やすのが望ましいですが、冷たすぎて辛い場合は冷やすことを一度やめ時間が経ったらもう一度冷やして下さい。
冷たすぎる時は無理をせず少しづつ冷やして下さい。
 
氷のうが自宅にない場合は、ビニール袋を代用品として使って下さい。
やぶれないように2重にするなど工夫をし患部をよく冷やして下さい。
 
保冷剤でも冷やすことはできますが直接当ててしまうと低温やけどになる危険があるのでタオルにまいて使って下さい。
 
軽度のぎっくり腰であれば動ける場合もあるのですが、ぎっくり腰になってから2日くらいは炎症がどんどん広がり続けます。
 
ここで無理して動いてしまうとのちの回復に時間がかかってしまうのでとにかく患部を冷やして安静にして過ごしましょう。
 
痛みの強い間は入浴はさけササッとシャワーをあびる程度ですませるのが望ましいです。
 
身体を温めてしまうと全身の血行が良くない。腰の痛みが増してしまうので注意して下さい。
 
きちんと患部を冷やして安静にしていれば2~3日程度で激痛は治まります。
激痛が治まったら徐々にリハビリや治療を行っていきます。
完治するまでは10日~2週間ぐらいかかります。
 

コルセットの上手なつけ方

痛みが強いうちに動く場合はコルセットは効果的です。
コルセットをすることで腰の動きを制限するため余計な負担を腰にかけなくてすむからです。
 
コルセットをつける時は、立った姿勢でお腹をグッと凹ませた状態でつけて下さい。
苦しい、きつい場合は、自分が楽なポイントを探して付けるようにして下さい。
 
痛みが治まってきたらコルセットははずしてしまいましょう。
自分の筋肉で身体を支えることが出来ていないと、腰痛の改善は見込めません。
 
身体を支える筋肉をつけるためにも痛みが治まったら少しづつ身体を動かすことをお勧めします。
 
ぎっくり腰は「くせになる」とよく聞きませんか?
くせになるのは、筋肉が身体を支えられなくなってきているからです。
 
身体を支える筋肉にするには身体のゆがみ・筋肉の柔軟さが必要になるので、専門的な知識が必要になります。
 
ぎっくり腰でお悩みなら一度、鍼灸整骨院 かまたきにご相談下さい。