TEL

Blog記事一覧 > 身体にいい習慣と運動法 > マッサージの健康効果♪

マッサージの健康効果♪

2015.02.21 | Category: 身体にいい習慣と運動法

マッサージって一体なんでしょう?

どうして、マッサージををすると楽になるのでしょう?
そもそも、マッサージって本当に効くのでしょうか?
ただの気休めではないでしょうか?
 
こんな声を聞くことがありますが、実際のところどうなんでしょうね?
 
マッサージの健康効果は大きく分けて2つあります。
ひとつは、よく知られている、「カラダの不調を和らげる効果」、肩こりや、腰痛の他、むくみや炎症を抑える作用などです。
もうひとつは、「心に対する効果」です。
不安やうつ、怒りなど、ネガティブな感情が和らぎ気分が落ち着いたり、気持ちに活気が出てきたりします。
 
ママが赤ちゃんにするベビーマッサージは、ママの気持ちをリラックスさせ、赤ちゃんも安心感を得られるので、子育てのストレスが減ると言われとても良いそうです。
その他、恋人同志や夫婦で行うマッサージは、普段なかなかできない会話を楽しめたり、相手の身体をお互いに知る事で思いやりの気持ちがもてたり、心も身体もリラックスする良いコミュニケーションだと言えます。
 
 

マッサージの効果 ①「身体に効くマッサージ」

まず、マッサージすると血行が良くなります。
疲労物質が一か所に溜まることを防いでくれるのです。
・ 歯肉炎で血行が悪くなってしまった歯茎を柔らかい歯ブラシでマッサージすると改善する。
・ 頭皮マッサージを続けたら髪が増えた! ハリやコシが出てきた!なんて話も良く聞きますね!!
 
ストレスが原因の慢性的な肩こりや腰痛、緊張型の頭痛なんかは効果がすぐ出る場合が多いので、試してみる価値は大いにあります。
その他、血圧が下がったり、ガンの痛みが緩和されたなど様々な報告もあります。
 

マッサージの効果 ②「心に効くマッッサージ」

体調不良以外にもマッサージの効果としてあげられるのは、ストレスの緩和、すなわちリラックス効果です。
マッサージされて、「気持ちが良い」と感じることで、心身を緊張状態にしている交感神経の働きが低下し、リラックスさせる副交感神経が活発になります。
マッサージ後は、「オキシトシン」と言う、抗ストレスホルモンが増加するという研究結果もでています。
このオキシトシンは、脳の疲れを癒し心地よい幸福感をもたらしてくれるホルモンとして、近年注目されているホルモンです。
 

マッサージの効果 ③「免疫力アップ!!」

近年、平熱が36℃を下回る低体温の日本人が老若男女問わず増えているそうです。
昔から、「冷えは万病の元」と言われており、「体温が1℃下がると免疫力は30%以上、基礎代謝は10%以上落ちる」と言われています。
マッサージをすることで血流をスムーズにし、末端まで血液を届けることで、自律神経も整い、免疫力が格段に上がります。
 
 
当院でも血流を良くし、疲れを癒す、手技による施術を行っております。
・硬い身体をほぐして、スポーツのパフォーマンスを上げたい!
・正しい姿勢を知ってダイエットに役立てたい!
・何もしていないのに急に身体が痛くなった!
など、様々あるお悩みの相談も受け付けています。
是非、お気軽にご相談下さい。
 
 
心と身体を癒す ☆ 鍼灸整骨院 かまたき
千葉市若葉区東寺山町572-21
TEL 043-306-4875