TEL

敬老の日

2015.09.19 | Category: お知らせ

敬老の日の由来

敬老の日の起源は、兵庫県多可郡野間谷村(後の八千代町を経て現在の多可町八千代区)の門脇政夫村長(のち兵庫県議会議員)と山本明助役が1947年(昭和22年)に提唱した「としよりの日」が始まりであると言われています。

「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と、農閑期(ノウカンキ)、いわゆる農作業がひまな時期に当り、なおかつ気候も良い9月中旬の15日を「としよりの日」と定め、そこで敬老会を開いていました。

これがだんだん広まり、兵庫県全体で行われるようになりました。

その後「としより」という表現はあまり印象が良くないということで1964年(昭和39年)に「老人の日」と呼び名が改変され、その翌年に野間谷村からの政府へ「こどもの日」や「成人の日」などがあるのに老人の日がないのはおかしいという、繰り返しの働きかけもあり、9月の第3月曜日は国民の祝日「敬老の日」と制定され、全国に広まったと言われています。

他にも「聖徳太子説」やら「養老の滝説」やら敬老の日の起源ははっきりわかっていません。上記が有力ではないかと言われています。

敬老の日の意味

敬老の日の本質は、「多年にわたり社会につくしてきた老人を愛し、長寿を祝う」日です。

ざっくり言えば、「いままで頑張ってきたおじいちゃんやおばあちゃんがいるからこそ、今の日本があって、今の自分たちがあるので、感謝をしましょう」という日です。

この本質をしっかりと理解して敬老の日を迎えて、おじいちゃんやおばあちゃんに日頃の感謝を伝えましょう!

 

 

年配の方の体調管理はお任せ下さい ☆ 鍼灸整骨院 かまたき

千葉市若葉区東寺山町572-21

TEL043-306-4875