TEL

Blog記事一覧 > 腰痛・ヘルニア・ぎっくり腰 > 手術なし!整骨院でのヘルニア持ち腰痛の治し方!

手術なし!整骨院でのヘルニア持ち腰痛の治し方!

2018.02.16 | Category: 腰痛・ヘルニア・ぎっくり腰

手術なし!整骨院でのヘルニア持ち腰痛の治し方!

「ヘルニアと整形外科で言われて通っていたんですが、

変化がみられず急に痛みが強くなったので見てもらえますか?」

 

「湿布や電気治療で良くなるのか?」と疑問に思った方に相談されることが多く、私はヘルニア持ちの方の心情を察しました。

 

ヘルニアの腰痛って一生付き合うっていうよな~

手術すれば良くなるって言うけど怖いしな~

どうにかよくならないか~

と思っている患者さんが実に多いなと。

 

確かに手術をすればヘルニアはなくなりますが腰痛は10人に1人は残るようです。

 

またヘルニア手術をした方の話を聞くと、「腰が重い。たまに痛みは出る。」と言ったことを耳にすることから手術でも100%快調という事はないようです。

 

しかし当院ではヘルニアがある腰の痛みの方の改善事例が沢山あります。

 

それは、腰の痛み=ヘルニアとは限らないケースが現実に存在しています。

 

ヘルニアと病院から診断されたあなたの身体に発生した腰の痛みは、実は原因がヘルニアではない可能性があるということです。

 

改善してきた実例をもとにお話します。

 

腰の痛みの原因はヘルニア?それとも○○?

腰痛の原因が骨やヘルニアと思っている方が多いですが、実は腰の痛みの原因のほとんどは筋肉です。

 

なぜそのように言えるのかをこれからご説明します。

 

■どこから痛みが?状態チェック

ヘルニアがある腰痛の方はまずヘルニアの痛みなのか?筋肉の痛みなのか?を判断しないといけません。

 

そこで当院では患者さんが痛いと感じる動きする時にある筋肉を押したまま動かしてもらいます。

 

(例)前にかがむときに痛みが出る場合

おしりの筋肉を押して前にかがんでもらい痛みが変化するのかをチェックします。

 

このチェックはおしりだけでなく腰と関連する筋肉をいくつか押して変化をみていき、痛みが変化するようなら筋肉の治療する事が効果的だという事になります。

 

私の経験上でヘルニアと言っている方にこのチェックをすると9割の確率で痛みが変化します。

 

 

■全身の筋肉はつながる事で身体がスムーズに動く

なぜ、おしりの筋肉を押したら痛みが変化するのでしょうか?

 

それは筋肉は繋がっていて連動して動くからです。

 

筋肉は全身で400以上の種類に分けられそれぞれが役割を持ち、同じ働きを持つものが足から頭へ繋がっています。

 

繋がっている筋肉は連動している為、1つの筋肉に支障が出ると他の筋肉にも悪影響がでます。

 

腰に痛みが出た場合、腰と関連する筋肉が固くなって腰の動きを制限し痛みを引き起こしているため、腰と関連する筋肉を押すことで痛みが軽減するのです。

 

 

■腰の痛みがない人のうち76%の確率でヘルニアの存在が確認!

そもそもヘルニアってなんでしょうか?

 

腰骨と腰骨の間に椎間板と呼ばれるジェル状のクッションがあり、椎間板は腰にかかる負担を軽減する役割があります。

 

クッションである椎間板が様々な要因で押しつぶされて中のジェルが飛び出てしまう事をヘルニアといいます。

 

そして飛び出たジェルが神経に触れることで痛みが出ると言われていて、飛び出たジェルを取り除く手術をする事で治ると考えられています。

 

でも、1995年に開かれた国際腰椎学会で“腰痛界のノーベル賞”とも評される権威ある「ボルボ賞」を受賞した論文では、「椎間板ヘルニア」と「腰痛」とは関係がない可能性が高いと発表しています。

 

論文の内容は、【年齢、性別、職業などを一致させた健常者46名の腰部椎間板をMRIで比較した結果、健常者の76%に椎間板ヘルニアが、85%に椎間板変性が確認された。】

http://1.usa.gov/iN3oKG

 

46名中35人にヘルニアが発見された。

腰痛がなくてもヘルニアがあるという事は、腰痛=ヘルニアとは限らないという事になる。

 

■厚労省ガイドラインから見る腰痛の真実

厚生労働省が出してる腰痛のガイドラインでは、腰痛の実に85%は原因不明だといわれており、残り15%のうち、椎間板ヘルニアが原因であると特定できるのはわずか5%程度に過ぎないといわれています。

http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/1911-1_2d.pdf

 

※特定できる15%は、がん、骨折、ヘルニアなど

 その中の5%がヘルニアと特定できるもので、100人に1人の割合

 

腰痛の85%は原因不明だとすれば何が腰痛の原因になるのでしょうか?

 

私はボルボ賞を受賞した論文を踏まえ筋肉が腰痛の原因だと仮説を立ててヘルニアがある方の腰痛治療を行ったところ9割の方に改善がみられました。

 

なぜ、筋肉を治療したらヘルニアがある腰痛が良くなったのかを、当院の腰痛治療を踏まえて解説していきます。

 

 

ヘルニアと言われた腰の痛を治す方法

■当院に来たAさんの事例

当院のホームぺージを見て来院された、ヘルニアの腰痛で長年悩んでいたAさんは、主に、寝起きの痛み、夕方になると痛みが強くなる、常に腰が重だるいなど腰がスッキリとしている時間がない状態でした。

 

さっそく、ヘルニアの腰痛?筋肉の腰痛?の判断をするために動作チェックをしました。

 

腰を曲げて痛みが出るというので、おしりの筋肉を押して腰を曲げたら痛みが出なかったため筋肉の腰痛と判断します。

 

これは、腰の動きを制限していたおしりの筋肉を押すことで筋肉がゆるみ腰の動作制限を解放できたので腰を曲げても痛みが出なかったのです。

 

では、どおしておしりの筋肉が固くなったのでしょうか?

 

筋肉を治療するためには、なぜ筋肉が固くなるのかを知ることが重要なので解説していきます。

 

■筋肉はなぜ固く凝るのか?

筋肉が働くにはエネルギーが必要で、そのエネルギーを使った時にエネルギーのカスがでます。

 

このカスが疲労物質で、筋肉を固くさせる要因です。

 

筋肉に溜まった疲労物質は血液に吐き出してエネルギーを補充し働ける状態を維持しようとします。

 

しかし疲労物質が血液に吐き出す量より多くなると筋肉に蓄積されていき、その結果、筋肉が固くコリとして感じるようになります。

 

 

■筋肉は身体を動かさなくても疲れる?固くなる?

身体にたいして筋肉の働きは、「骨格を動かす事」「骨格を支える事」などです。

 

骨格を動かすとは、歩く、走る、物を持つなど身体を動かす動作のことで、骨格を支えるとは、座っている、立っているなど姿勢を維持することです。

 

骨格を動かすことで筋肉が疲労するのはイメージしやすいでしょうが、骨格を支えることでも筋肉は疲労します。

 

「えっ、動かしていないのに疲労するの?」と聞こえてきそうですが、実際に5時間立ってる、5時間座っていることを想像してみて下さい。

 

疲れますよね!

 

身体を起こしている状態であれば、筋肉は姿勢を保つようにずっと働き続けてくれているので、疲労が溜まって筋肉が固くなっていくのです。

 

また骨格がゆがんでいると筋肉は通常よりも強い力で身体を支え続けなければならないために疲労もしやすいです。

 

 

■ヘルニアと言われた腰痛の治療とは

Aさんは、おしりを押しながら腰を曲げれば痛みが出なかったので筋肉の治療が必要になります。

 

また骨格みると骨盤が傾き背骨がゆがんでいることが分かったので骨格の調整も行うことにしました。

 

筋肉の治療は、痛んでいる場所と関連する頭から足の先の筋肉を手を使って緩めていきます。

 

筋肉の固さが強い場所だと痛みを感じる事がありますが、筋肉がゆるめば押しても痛みを感じなくなります。

 

 

骨格の調整は、調整専用ベットを使いゆがみを整えていきます。

 

筋肉と骨格の治療を行う事で、筋肉は骨格をしっかりと支えてくれるようになります。

 

9割が当院の治療で腰の痛みが改善しています。

ここまで読んでヘルニアと言われた腰痛の印象は変わりましたか?

 

文章を読んでピンとこなくても実際に痛みが改善したら希望がみえてきませんか?

 

 

■ヘルニアなのか筋肉なのか当院で無料検査します。

当院では、ヘルニアの腰痛か筋肉の腰痛なのかを無料検査しております。

 

無料検査を希望される方は、LINEから予約、問い合わせができます。

LINEから予約、問い合わせ

line.png              

①お名前

②ご希望の日時

③ご質問 

以上の内容をメッセージでお送り下さい。 
               

 

もちろん無料検査をしあなたの身体について説明が終わればそのままお帰り頂けます。

 

当院では無理な勧誘は一切行いません。

 

あなたが治療を受けたいと思ったら私にお申しつけ下さい。

 

 

■ヘルニアがあってもあなたの腰の痛みは治すことができます。

もしあなたの腰の痛みが取れたら、

 

今までやりたかった事

あきらめた事

ストレスに感じていた事

 

が解消出来たら、嬉しくないですか?

 

当院の腰痛治療は完全なものではない為、痛みが取れない方もいらっしゃいます。

 

その為に、効果が出るのか出ないのかを判断する無料検査を行っています。

 

腰痛治療をして腰の痛みがなくなれば、

 

好きなスポーツができる。

楽しく旅行に行ける。

趣味を楽しめる。

イライラしない。

気分がいい。

 

など、あなたの生活を変える可能性があります。

 

ものは試しで無料検査を一度受けて下さい。