TEL

Blog記事一覧 > 身体にいい習慣と運動法 > 梅雨の不調、原因と対策!

梅雨の不調、原因と対策!

2018.06.13 | Category: 身体にいい習慣と運動法

ジメジメ、ムシムシ…強のこの時期、湿度は70%前後にもなるそうです。
しかし、本格的な夏と違い、汗をかきにくいこの季節。
 
頭痛やめまい、その他の症状に悩まされている方が多いのではないでしょうか?
今日は『水毒』という病気のお話です。
 
・胃腸の調子が悪い
・下腹部がポッコリしている
・下半身がむくむ
・頭が重い
・手足が冷えてる
・疲労感がある
・乗り物酔いをする
・舌がネバネバする
 
こんな症状ありませんか?
これは『水毒』によるもので摂り過ぎた水分を皮膚からうまく排泄できず体内に溜め込んでしまっているために出る症状です。
 
喉が渇いたら水分を摂りますよね。
しかし、汗をかかなければ余分な水分は体内に溜まる一方です。
 
余分な水分が溜まると身体は冷えやすくなります。
冷えた身体は代謝が悪いので排泄機能が低下します。そしてさらに水分を溜め込む…という悪循環を引き起こしてしまいます。
 
一般的に一日の水分摂取量の適量は1.5ℓ。
夏場やスポーツをしている時は2ℓと言われています。
 
喉が渇いたらとガブガブ飲むのはNGです。
少量をこまめに摂ることをおすすめします。
 
悪循環を繰り返さない為には水はけのよい身体作りをする事が大切です。
 
水はけを良くするための3か条
1、お風呂で汗を流す
2、スポーツをして筋力アップ
3、水はけによい食材を摂る
 
まずはお風呂にしっかり浸かって、たっぷり汗をかきましょう。
普段からシャワーのみで済ませている方は湯船につかることで冷え、疲労感、むくみがとれてスッキリしますよ!
 
梅雨でなかなか外で運動する機会がなくても大丈夫。
家の中でもできる簡単な筋トレやストレッチでもOK。
毎日やらなくても大丈夫です、週に2~3回でも続けて行う事が大切ですよ!
 
水はけによい食材をご紹介します。
・利用作用のある食材
小豆、冬瓜、緑茶、アサリ、キュウリ、トマトなど腎臓の働きを助けるカリウムがたっぷりです。
 
・発汗作用のある食材
ネギ、ショウガ、シソ、ニンジン、カボチャ、ペパーミントなど身体をポカポカに温め食欲を増進してくれる作用があります。
 
余分な水分がなくなれば全身の血液とリンパの流れがスムーズになり、老廃物が溜まりにくくなり、代謝も上がります。
 
カロリーをしっかり消費できるようになるので健康で太りにくい身体になりますよ!
 
疲れている時に効果的なツボを紹介します。
「湧泉」…足の万能ツボ
 
その通り、生きるためのエネルギーが泉のように湧き出ると言われているツボです。
 
全身の血流が刺激され特に下半身の血行が良くなります。
手足が冷えて寝れない時に押してみるとほんのり温まってきますよ!
 
ツボを押すときは少し痛気持ちいいと感じる程度が良いです。あまりグリグリ強く押すのはNGです!飲酒時や食後30分以内はさけましょう。