TEL

立ち仕事による腰痛

2018.07.24 | Category: 腰痛・ヘルニア・ぎっくり腰

立ちっぱなしの仕事で腰痛に悩まされている人は少なくありません。
長時間立ったまま作業をしていると足腰に負担がかかりやすくなります。
 
そして人は同じ姿勢が続くことで無意識に左右どちらかに重心を傾けてしまっています。
 
この重心のズレが長く続くことにより身体がゆがみ、腰痛を引き起こす原因になるのです。
 
立ち仕事の人が腰痛を防ぐためのポイントは「良い姿勢」を意識することです。
 
足を軽く開き肩の力を抜いて背中をピンと伸ばします。
腹筋も意識しお腹に力を入れて立つと良いでしょう。
 
と言っても作業をしながら常に意識しているのは難しいですね。
 
出来る事なら1時間に1回しゃがんだり少し歩いたりしてみて下さい。
同じ姿勢を長時間続けると筋肉が硬くこり固まってしまい硬くなった筋肉が神経を圧迫することで痛みが出てきます。
 
人の身体は「長時間同じ姿勢を続ける」ことに向いていません。
同じ姿勢が長く続いているなと感じたら身体を動かすクセをつけてみて下さい。
 
こまめに姿勢を変えてストレッチすることで筋肉の疲労をやわらげ腰痛の予防につなげる事ができます。
 
日頃からのほんの少しの習慣を身に着けて腰を大切にしましょう!