TEL

Blog記事一覧 > 頭痛・肩こり > 夏の頭痛 暑いと頭痛が多くなる!?

夏の頭痛 暑いと頭痛が多くなる!?

2018.07.27 | Category: 頭痛・肩こり

『暑い時期になると頭痛の頻度が増える』と言う方がいます。
なぜ暑いと頭痛が起きやすくなるのでしょうか?
 
頭痛は脳の血管が拡張して起きる『片頭痛』と、首や肩の筋肉が緊張して起こる『緊張型頭痛』があります。
 
『片頭痛』は部屋の涼しさと、外の暑さによる温度差が原因で引き起こされます。
また、『緊張型頭痛』は夏はエアコンで部屋をキンキンに冷やしたり、冷たい物を食べる機会が増えることで身体が冷え、筋肉が硬くなり血流が悪くなることが原因で起きます。
 
他にも、汗をかきやすいこの時期、水分をしっかり摂らなければ水分不足で血液がドロドロになり血流が悪くなる事で頭痛を引き起こしてしまいます。
 

すぐにできる対策

エアコンの使い方を工夫する

設定温度を1~2℃上げて扇風機を併用してみましょう。
風が体に直接あたらないようにするなど工夫するだけで冷えを防げます。
 

サングラスをかける

『片頭痛』は目に入るまぶしさが脳を刺激して引き起こされます。
なので、外出する際サングラスをかけることでこの刺激を軽減する事ができます。
 

頭痛が起きてしまったら

首肩周りからくる『緊張型頭痛』の場合は痛むところを温めると楽になります。
ストレッチをして首肩周りの筋肉を柔らかくすることを意識してください。
お家に帰ったら温かいお風呂にゆっくり浸かるのも良いでしょう。
 
頭の一部がズキズキ痛む『片頭痛』は血管を収縮させると軽減されます。
冷たいタオルや氷で痛むところを冷やすと楽になります。
また、紅茶やコーヒーに含まれるカフェインも血管を収縮させる作用があるので効果的です。