TEL

ホーム > Blog記事一覧 > ツボの記事一覧

疲労回復に効果的!?リフレクソロジーとは

2018.07.13 | Category: ツボ

最近、ちまたで「リフレ」の言葉を見たり聞いたりしませんか?
エステやマッサージ店などで多くみかけるイメージがあります。
しかし、この「リフレ」って言葉どういう意味か知っていますか?
 
何となく「癒し系」だろうな…というイメージをする方が多いと思うので調べてみました。
 
「リフレ」は正しくは「リフレクソロジー」(Reflexology)と言われ、反射療法のことだそうです。
私は、「リフレッシュ」の略かと思っていました(笑)
 
主に足の裏の特定部分を押して身体に変化が起きる現象を活用し疲労回復などをはかる療法だそうです。
REFLEX(反射)とOLOGY(学や論の意味を表す名詞を作る接続語)を合わせた造語…というのが名称の由来だそうですよ。
 
ちなみにリフレクソロゾー普及初期は「足裏マッサージ」と呼ばれていたそうです。
なろほど!足裏マッサージの事なんですね(^O^)!!
 
現在ではWHOもツボの治療効果を認め、「足は第2の心臓」と呼ばれているくらいとても大切です。
足ツボを刺激することで全身の血行が促進され様々な症状を改善してくれます。
 
ツボを刺激することは大切ですが、むくみや疲労回復のためにツボ押しを普段から取り入れながら日頃から「歩くこと」が一番大切です!
 
無理のない程度に歩く事で全身運動をし、疲労の溜まりにくい元気な身体を作りましょう。
 
その他、ツボに関してご質問があれば私に相談して下さい。(^^♪
 
 

 

ラクラク♪疲労回復ツボ押し!!

2015.09.12 | Category: ツボ

暑かったと思ったら夜は冷え込んだり何かと疲れがたまるこの季節。

速効性のあるツボ押しに挑戦してみませんか?♪(´ε` )

〈首・肩の疲労に効くツボ〉

天りょう

首の付け根と肩の先端を結んだ中心にあるツボ。

グイグイ押すというよりは、ゆっくりと力を込めて押すのがコツ!! 

てんりょう
 

天柱(てんちゅう)

後頚部「ぼんのくぼ」(後頭部から首筋にかけてのくぼんだところ)の横で、立てに走る筋肉の外側にあります。

てんちゅう

 

肩井(けんせい)

肩の上で乳頭線(乳首から垂直に引いた線)と交わるところにあります。

・肩こりだけでなく、心身のコリもほぐし夏バテの脱力感も一掃してくれます!!

けんせい

 

肩外兪(けいがいゆ)

第1胸椎と第2胸椎棘突起(きょくとっき)の間から外側指4本分のところ、肩甲骨の上部にある骨の内側にあります

てんりょう

 

膏肓(こうこう)

第4胸椎と第5胸椎棘突起の間から外側指4本分のところ、肩甲骨の内側にあります。

けんがいゆ

 

〈寝不足による疲労を改善するツボ〉

失眠(しつみん)

かかとの真ん中にあるツボ。

気持ちが落ち着きぐっすり眠れるようになります!!

しつみん

 

〈身体全体の疲れに効くツボ〉

合谷(ごうこく)

親指と人差し指の付け根部分にあります。

<カラダの調子を整え疲労を回復してくれるツボ!!

冷えの解消にも効果があります。

ごうこく

 

〈心が疲れているとき〉

労宮(ろうきゅう)

手のひらの中央にあるツボ。

イライラした気持ちを落ち着かせてくれます。

ろうきゅう

 

手三里(てさんり)

肘を曲げてできるシワから手首に向かって指3本のところ。

精神的疲れを解消させたり、胃腸を元気にします。

てさんり

 

ツボを押すと気持ちよさを感じるだけでなく、響くような痛みを感じるところもあります。

そういうところは優しく念入りに押してあげましょう♪

他にも体中には様々なツボがあります。

当院では手技、鍼、灸、電気を使い患者様にあった施術で疲労回復のお手伝いをさせていただいてます。

ぜひ、心身ともにリラックスしたいときは当院にお越しください(^ー^)♪

 
身体の不調はお任せ下さい。 ☆ 鍼灸整骨院 かまたき

 

夏風邪にご注意!!

2015.08.22 | Category: ツボ

記録的な猛暑が続き、熱中症にかかった方が4月27日~8月18日の間で5万人を超えました。
熱中症までいかなくても、暑さと冷房による冷えで身体に大きく負担がかかり、体調を崩す方が多いと思います。
その中で免疫力が低下している方は、夏風邪にかかりやすいです。
 
風邪と夏風邪は違うの?
実は医学的には「夏風邪」という言葉は本来存在せず、冬にかかる一般的な「風邪」に対して、夏にかかる風邪を慣習的に「夏風邪」と呼んでいます。いずれにしても、風邪はウイルスがのどや鼻の粘膜などから侵入することで罹患する病気です。
 
夏風邪の原因!
のどや鼻の粘膜は、エアコンや扇風機などで乾燥してしまうと局所的な免疫力低下を引きを越します。
涼しい室内から暑い屋外に出ることによる急激な温度変化は、体温を一定に保とうと機能している自律神経のバランスを崩します。
この他にも、熱帯夜の寝不足、夏バテ(暑気)による食欲不振、日焼けまでも関わってくる可能性があります。
 
夏風邪対策!
・室内のクーラーで適温適湿にする。(冷えすぎに注意し26~28度)
・腸の動きを低下させないために、冷たい物の飲みすぎ注意とクーラーでの身体の冷えすぎ注意!
・免疫力低下予防に、手洗いとウガイや目薬をすること、睡眠を十分にとることです。
 
自律神経調節!
指先の爪をマッサージすることで、交感神経と副交感神経を刺激しバランスを整えることができます。
 
指先を左右からつまむように爪を10秒マッサージします。
IMG_0312
薬指以外の4本の指は、副交感神経を刺激することができます。
副交感神経は、身体をリラックスさせる作用があるので、疲れた身体や寝不足に効果的です。
薬指は、交感神経を刺激し、白血球数のバランスをとるため免疫力アップに効果的です。
 
 
夏を楽しい思い出にし、気持ちよく初秋を迎えるために体調管理をしっかりと行って下さい。(o^^o)♪
 
 
身体の体調管理はお任せ下さい。 ☆ 鍼灸整骨院 かまたき
千葉市若葉区東寺山町572-21
TEL043-306-4875
 
 

 

自律神経を整えるツボを押してみよう!

2014.10.25 | Category: ツボ

何かと天候の変化の激しい今年の秋。
上手に過ごして、寒い冬に備えたいものですね。
 
朝晩と、日中の寒暖差はあるものの、一年の中でも一番過ごしやすく、運動するも良し!勉強するも良し!
食べ物もおいしい季節!!
とは言っても「何となく気分が晴れない」と部屋に閉じこもりがちになってしまっていませんか?
 
季節の変わり目は、身体が気候の変化に付いていけず、ホルモンのバランスを崩しやすい時期です。
無理はせず、普段の生活リズムを整え、バランスの良い食事を心がけしましょう。
それでも、「何となく気分が晴れない」ときに効果的な自律神経を整えるツボを紹介します。
 
手三里(てさんり)
肘の外側、肘を曲げたところのしわから指2本分ほど手首側にあります。
P1010520[1]
 
心包区(しんぽうく)
手のひらの中心部分にあります。
P1010521[1]
 
足三里(あしさんり)
膝のお皿の下の外側のくぼみから指4本分下にあります。
P1010522[1]
 
指で押すとやや痛みを感じるところがツボです。
「ギューッ」と押しては離すを繰り返し適度に刺激して下さい。
 
ツボの事を詳しく知りたい方は、鍼灸整骨院 かまたきにご相談下さい。
 
 
JR千葉駅からバスで10分、千葉市若葉区東寺山町にある鍼灸整骨院 かまたきには、千葉市中央区、千葉市稲毛区、千葉市花見川区、千葉市緑区からも患者さんが通院されています。