TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 3点バランスインソールの記事一覧

外反母趾について!

2015.07.11 | Category: 3点バランスインソール

今日は、足の裏の筋肉についてのお話です。
外反母趾って知ってますか?
 
ハイヒールを履く女性がなるもの…というイメージが強い方が多いかと思いますが、実はこれは男性でも子供でもありえるのです。
実際ハイヒールを普段から履いている方でも、ハイヒールを履くのをやめたからといって症状は改善されません。それどころか、進行し続ける方もいらっしゃいます。
 
では、外反母趾の原因は一体なんなんでしょうか?
運動不足や体重の増加など様々ありますが、一番の原因は歩き方にあると考えられます。
でも歩き方と言われても、そもそも正しい歩き方なんて習ったこともないし、自分がどんな風に歩いているのか、ほとんどの方は見た事もないでしょうからわかりませんよね!
「正しい歩き方」といわれると少し難しいので、「悪い歩き方を改善する」と考えると簡単ではないでしょうか!
 
悪い歩き方とは、“ペタペタ歩く”歩き方です。
 
本来足の裏には、3つのアーチというものが存在します。
この3つのアーチがあるおかげで体重を支え、歩いたり、走ったり、ジャンプしたり複雑な動きに対応できるようにできています。
IMG_0298IMG_0300IMG_0299
   ①横アーチ     ②内側縦アーチ     ③外側縦アーチ
 
ペタペタ歩きは、この3つのアーチがほとんど機能せず、足の裏の筋肉がうまく使えていない状態になります。
そうなると筋肉が衰え → アーチが崩れることにより、足の甲が広くなります。いわゆるベタ足ですね。
結果、ハイヒールがキツくなります。
 
なので、ハイヒールだけで外反母趾になるのではなく、ベタ足になってしまったためにハイヒールがきつく、窮屈になってしまう。
これがハイヒールを履くと外反母趾になると言われている原因です。
 
ハイヒールを履かない、男性や子供でもこのペタペタ歩きがくせになってしまっている方は、外反母趾になってしまうということです。
アーチが崩れているということは、外反母趾だけではなく「偏平足」や小指が曲がってしまう、「内反小指」になる可能性もあるということです。
いずれも、身体を支える足に起こるトラブルとして、大変重要な問題です。
 
では、このペタペタ歩きはどうしたら改善されるのでしょうか?
まず、ペタペタ歩く人の足の指を見てみると、足の指の関節がうまく使われていません。
足でグーをした時、第二関節までしか曲がらず、足の甲がのっぺりしてしまいます。
IMG_0292IMG_0295
〇第三関節が使えている 〇第三関節が使えていない、のっぺりしている
 
足も手も同じように第三関節まであるので、この第三関節をうまく動かすことで足の裏の筋肉がきちんと使われ、ペタペタ歩き方が改善されてきます。
ペタペタ歩く方は、指先に体重が乗らず、足全体であるいているため、足の指に力がかかりません。
毎日何千歩と歩く中で、これを繰り返していては筋肉が衰えてしまうのも仕方ありません。
逆に言うと毎日歩く時に足先を少し意識して歩くだけで、足裏の筋肉や足の指は鍛えられる!ということですね。
 
当院では、外反母趾でお悩みの方にまず歩くメカニズムや正しい歩き方の指導を行っております。
そして、変形や痛みの強い方に、崩れたアーチの復元と使っていない筋肉がつかえるように施術を行っていきます。
大切なのは、歩き方のくせを直すこと!足の筋肉を鍛えること!ですので、ご自身の頑張りも必要になります。
 
でも逆に、「もうなってしまったから…」と言ってあきらめなくても良いということです。
正しい動かし方、歩き方が自然とできるようになるまで、何度でも同じ質問をしてきて下さい。
何度でも手助け致します。
あきらめずに、一緒に改善していきましょう!!
 
 
 
外反母趾のお悩みは ☆ 鍼灸整骨院 かまたき
千葉市若葉区東寺山町572-21
TEL 043-306-4875
 
 

 

靴があなたの足の“本来あるべき姿”を奪っている!

2015.06.27 | Category: 3点バランスインソール

前にも『浮き指』のお話をしましたが、今日も『足』に関する靴のお話です!!
靴を選ぶ基準を、おしゃれかどうかのみに置いている方は多いと思います。
しかし、本来の役割は足の機能の補助にあります。今回は靴と足の関係を分かりやすくご紹介します。
 

☆足の本来あるべき姿☆

靴と足の関係を知る前に、「足の働き」にはそもそも何があるのかを確認する必要があります。
足には骨が左右それぞれ約26個あり、全身で約206個なので、比率で考えれば骨が多い部位といえます。
骨が多いということは関節が多いわけですから、よく動くということです。
そのため、足は凸凹な地面にも対応できる柔らかさが特徴となっています。
しかし、柔らかいだけですと地面を蹴ることができません。ですから、力を伝えるために硬くなることもできます。
これが足裏のアーチ(土踏まず)です。アーチが上がっている状態は骨同士が近づいて圧迫されており、関節の遊びがない状態となるため硬くなるのです。
このように、足は柔らかくなったり硬くなったりと、臨機応変に対応することができます。
アーチが存在する動物はヒトのみです。
また、足の親指が他の指と並んで位置しているのも、類人猿から見るとヒトの進化の結果です。
親指だけあからさまに大きく、かつ親指の筋肉は、体の中で筋線維が一番太いといわれています。
それだけ重要な部位であるということです。
 

☆足と靴の不都合な事実☆

さて、このように足の特徴を見てくると、靴の利点と欠点との天秤が必要だとわかります。つまり靴は役にも立つけど、足の機能の邪魔もしかねないということです。
例えば、クッション性の高い靴の方がそうでない靴よりも怪我が多い、裸足はランニングシューズよりも障害が少ない、さらには小学校で靴をやめて裸足にするとすべての子どもの扁平足が改善した、などの報告も見られます。
古の日本をふりかえると、武士もほとんどが草鞋(わらじ)でした。甲冑に草鞋の姿は少し滑稽ですが、刀を使って戦う陸上戦では裸足に近い方が機能的であったということです。
下駄もありますが、あれは雨の時に泥湿地状態なところから足を守る役割だったといわれています。
靴の役割は足を守るため、また装飾としての意味合い、足にはない機能の付与などがありますが、どれも用途が重要です。ファッションだけの基準で用いると、足の本来の機能を阻害し、機能障害を引き起こしてしまいます。
 
『本来は裸足!!』
これは揺るぎないヒトの自然な姿です。
地面がアスファルトで硬くなった分、クッション機能はある程度必要でしょうし、天候によっても足を守る必要はあるでしょう。
しかし大事なことは、足の機能をできるだけ低下させない靴を選ぶことです。
 
『体の全ての体重を支える足!』
ここの重要性を再認識し、足裏を鍛え人間本来の機能を発揮するだけで、腰痛・頭痛・膝痛・肩こりと、様々な体の不調が改善されると私は考えてます!!
当院では、それを補助するインソールも取り扱ってます。
いつまでも元気な体を目指す方、運動のパフォーマンスを上げたい方など様々な方にオススメしております。
ぜひ、ご相談ください♪
 
 
一生、自分の足で歩ける喜び ☆ 鍼灸整骨院 かまたき
千葉市若葉区東寺山町572-21
TEL 043-306-4875

 

腰痛、肩こりの原因は、うき指?

2015.05.16 | Category: 3点バランスインソール

今日は、最近気になっている『浮き指』についてのお話です。

☆浮き指、とは?☆

足指が地面に接地せずに、指が浮いたまま、足の付け根部分(母指球)と、かかとの2点しか使わず歩いてしまっている状態のことを言います。
しっかり立っているつもりでも、実際は足の指に力が入っていないので、体中さまざまなところに不調があらわれます。
 
近年、子どもの8割以上がこの『浮き指』を患っているそうです
最近の子は、昔の子と比べると、小さい頃から裸足で歩く機会が少ないため『浮き指』傾向にあるそうです。
まっすぐ立つことが難しいのか、重心をかける足を左右に頻繁に変えたり、上半身をフラフラさせる。。。
バランスをとるためにめに、膝を曲げ、猫背で歩く子どもが増え、まるでゴリラのよう…だそうです。
子どもに『浮き指』が増えた原因としては、筋力衰退による運動能力の低下です。
足の指にも筋肉があるので、体を支える足元の筋力低下は、運動能力にも大きな影響を与えてしまうのです。
運動靴なども進化しているため、足の指に体を乗せる習慣がないため、足指で<地面をつかむ>ことをしていないので足指を曲げる働きの筋肉はどんどん退化してしていってしまうのです。
 
子どもだけではなく大人、特に女性は注意!
ハイヒールやミュールなど、高いヒール、つま先の細い靴を履いている時間の多い女性は特に『浮き指』になりやすいとされています。
また、パンプスやサンダル、スリッパなどの脱げやすい履物で歩くことで、履物が脱げないように、無意識に足指を反らせたり、丸めることが習慣になっていることが『浮き指』の原因につながっています。
 

☆浮き指が引き起こす諸症状☆

つま先を使えず、歩く時に地面をうまく蹴り上げることが出来ない『浮き指』は、かかとに重心を置いた、不安定な歩き方をしてしまいます。
そのため、ふくらはぎや太ももなどの、下半身の筋肉が不自然に発達してしまいます。
本来、足裏は、かかと・指の付け根・足指の3点を使い全身のバランスをとります。
しかし、つま先にうまく力がかからない『浮き指』の状態でバランスをとろうとすると膝や股関節に無理がかかってしまい、O脚や膝痛、腰痛につながる可能性があります。
さらに悪化すると、肩こりや頭痛に発展し、自律神経の崩れにもつながってきます。
 

☆『浮き指』を改善するには☆

指の体操をご紹介します。
 
①足指グーチョキパー運動
IMG_0252IMG_0255IMG_0258
グーチョキパーを1セット10回を目安に、毎日朝晩行いましょう。
出来ない方は、手を使って補助しながらやって下さい。
 
 
②タオルたぐり寄せ運動
IMG_0260
椅子やソファーに座り、タオルを1枚足元に置きます。
足の指を使い、タオルをたぐり寄せます。
時間や回数は気にせずに毎日暇な時間にやってみましょう。
 
 
 
浮き指改善には ☆ 鍼灸整骨院 かまたき
千葉市若葉区東寺山町572-21
TEl 043-306-4875