TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 腰痛・ヘルニア・ぎっくり腰の記事一覧

腰痛はどうして起こるのか?

2018.08.07 | Category: 腰痛・ヘルニア・ぎっくり腰

腰痛はどうして起こるのか?

 
腰痛は大きく分けて2つあります。
 
1つは原因がはっきり分かる腰痛。
椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などレントゲンやMRI画像で確認ができます。
原因の分かる腰痛は全体の2割程度にすぎません。
 
残りの8割は検査をしても原因の分からない腰痛です。
原因の分からない腰痛のほとんどが腰の使い過ぎによる筋肉疲労や筋肉の緊張により筋肉が損傷して起こる筋膜性腰痛と呼ばれる症状です。
 
ふとしたときに急に起こるぎっくり腰もこちらに含まれます。
その他、精神的ストレスが原因で起こる腰痛もあります。
 
この残り8割の原意の分からない腰痛は日常生活を見直すことで予防できます。
 
人が立っているとき腰には、全体重の60%の重さがかかっています。
例えば60Kgの人なら36Kgの重さが腰にかかっています。
 
この重さを身体の軸になる背骨で支えます。
背骨は「椎骨」という24個の骨が積み重なって頭から腰までを支えています。
 
24個のうち、腰にあたる椎骨は5つになります。
この5つの椎骨で上半身60%の重さを支えています。
 
腰痛の原因は加齢による椎骨の衰えもありますが、最近では若い方でも腰痛を訴える方が少ないくなりません。
 
現代人の腰痛は昔の人々に比べて筋肉の衰えが原因と考えられます。
 
座わりっぱなしの仕事、立ちっぱなしの仕事、作業や家事の機械化により運動不足が原因で筋肉が衰え、腰の骨を支える筋肉が弱まり腰痛が引き起こされていると考えられています。
 

日常生活を見直して腰痛を予防

普段から運動をする習慣を身に着ける事が1番ですが仕事や子育て親の介護などでなかなか生活の中に時間をさくのは難しいもの。
なので日常における動作で少し気を付けて頂きたいポイントをご紹介します。
 

立つ

あごを少し引きおしりをキュッと引き締めて下腹部に力を入れ背筋を伸ばします。
肩の力は軽く抜き、胸が反らないように注意します。
 
横から見た時、耳、ひざ、くるぶしが一直線になるようなイメージで立ちます。
 

座り方

イスに座る時はひざが90度になるのが良いです。
足裏が床にぴったりつくくらいが理想です。
 
背筋を伸ばし深く座りましょう。
床に座る場合は横座りやあぐらより正座の方が腰への負担が少ないです。
 
最低でも一時間は一回は立ち上がり腰を曲げたり伸ばしたりして筋肉をほぐす工夫をしましょう。
 

歩き方

顔を上げ良い姿勢を意識し歩きます。
腕は自然にふり、膝を伸ばしてやや歩幅を大きくつま先で地面を蹴るようなイメージで歩きます。
 
ハイヒールは腰が反りやすいので腰への負担が大きくなります。
なるべくヒールの高い靴はさけ、疲れにくい物を選びましょう。
 

寝方

就寝はおしりが沈み込むような柔らかすぎるものはNGです。
やや固めの物の方が腰への負担は少ないでしょう。
 
まくらは高すぎたり柔らかすぎると寝返りが打ちにくくなります。
寝る姿勢は腰に痛みがある場合は横向きで背中と腰、ひざを少し丸めて寝ると痛みが少し和らぎます。
 
うつ伏せは腰が反ってしまうので腰痛の原因になるので気をつけましょう。
 

その他

・かばんや荷物を持つときはなるべく左右に分けてバランスを良く持ちましょう。
・重い物を持ち上げる時はひざを曲げてしっかり腰を落として身体全体で持ち上げましょう。
・肥満は腰への負担を大きくします。適度な運動とバランスの良い食生活を。
・シャワーで済まさずなるべくゆっくりお風呂に入りましょう。
 腰を温める事で血行が良くなり翌日に疲労を残しません。
 痛みのある場合は温めると逆効果になってしまうので無理をしないようにしましょう。

トラックドライバーの腰痛

2018.08.07 | Category: 腰痛・ヘルニア・ぎっくり腰

トラックドライバーの腰痛

トラックドライバー経験者の7割が仕事が原因で腰痛になった!
というデーターがあります。
 
長時間の運転や重い荷物の積み下ろしなどトラックドライバーの方は腰に大きな負担がかかります。
 
同じ長時間の座りっぱなしのデスクワークの方とは腰痛になる原因は違ってきます。
それは運転をしているという事です。
 
車に乗っているとどうしても振動が起こります。
この振動が長く続くことで腰に大きな負担がかかってくるのです。
 
車が振動するとおしりの位置が少しずつずれていきます。
このおしりのずれを直すために身体は無意識に力が入り続けます。
 
そうすることで筋肉には知らず知らずのうちに疲労が溜まっていきます。
この疲労がやがて痛みを発生させてしまうのです。
 
それと「運転する時の姿勢」も腰痛を引きおこす原因と考えられます。
最近の車はほとんどがAT車ですね。
 
AT車はアクセル、ブレーキを右足のみで操作するため左右バランスのとれた姿勢を維持することが難しくなり骨盤がゆがみやすくなります。
 
この骨盤のゆがみが腰痛を引き起こします。
 
日頃から正しい運転姿勢を意識する事や、こまめに休憩をとり車から降りたらストレッチする事をオススメします。
 
どうしても降車できないようなときは車内でバンザイをしたり腰を丸めたり伸ばしたりするだけでも効果があるので取り入れてみて下さい。
 
それと長時間車を運転する方は車内で睡眠をとることも多いようなので自宅では良い睡眠がとれるよう寝具を工夫することも良いでしょう。
 
柔らかすぎるマットレスや高すぎる枕は身体に負担がかかります。
 
疲れたまま布団に倒れこむように寝てしまいたい気持ちは分かりますがストレッチをしたり身体をよくほぐしてからお休みになると良く回復が良いので試してみて下さい。

腰痛不安症というものをご存知ですか?

2018.07.31 | Category: 腰痛・ヘルニア・ぎっくり腰

あなたはご自身の腰痛の原因を明確にご存知ですか?
日本人の4人に1人が悩まされているという国民病とも言える腰痛。
 
そのうち原因のはっきりしているものは2割程度に過ぎず、残り8割の腰痛ははっきりとした原因が分からない・・・と言われています。
 

不安や恐怖が腰痛を悪化させている

腰痛の原因として、骨や筋肉に異常がみられる、椎間板ヘルニアやぎっくり腰がある。
しかし、こうした身体の異常がないにも関わらず、腰痛が3ヶ月以上続く『慢性腰痛』を発症する方が多い。
それはなぜでしょうか?
 
近年の研究により、職場や家庭内の問題など、心的ストレスや、痛みへの過度な不安が脳を悲観的な状態へと変え慢性的な腰痛を引き起こす引き金になることが分かってきました。
 
人間関係や仕事のストレス、腰痛に対する不安や恐怖は、痛みを抑えるオピオイドなどの物質の分泌が低下し腰痛が慢性化したり、再発を繰り返してしまいます。
 
他にも、『また腰痛になるのでは』という、痛みへ不安や恐怖から過剰に腰を守ろうとして日常生活に自ら過度の制限をかけてしまう『恐怖回避思考』が強い方がいます。
 
こういった方は腰をかばいすぎて身体を動かさなくなり腰周辺の筋肉が硬くなることでかえって腰痛を悪化させ治りを遅らせてしまいます。
 

ストレスと上手く付き合いましょう

このように腰痛は精神的要因が大きく関わっています。
ストレスを解消するカギは、心や身体が楽しいと思うことをすることです。
・おいしいご飯を食べる
・好きな音楽を聴く、映画を観る
・お友達や家族に悩みやグチを聞いてもらう
・お風呂にゆっくり入る
・たくさん寝る
 
心や身体が楽しいと幸福ホルモンと言われる脳内物質セロトニンの分泌も増え腰痛の悪循環を断つことができます。
 

運動で腰痛解消

ぎっくり腰のような『急性腰痛』をはじめ、『腰痛が起きた場合には3日以上の安静は良くない』という考え方が今、世界の多くの国の診療ガイドラインになっています。
様々な研究から、『痛みの範囲以内で動いた方が良い』と言われ、3日以上安静にした人は、普段通り動いた人よりも、その後の経過が悪いことが分かってきました。
コルセットについては、激痛の場合のみ使用をお勧めしますが、コルセットをすることは腰の安静に繋がるため、やはり動かせる範囲以内で動いて頂くことをお勧めします。
 
【ハムストリングのストレッチ】
ハムストリングとは太ももの裏側の筋肉になります。
腰ではないので「なんで?」と思いがちですが、ここをストレッチすることで腰痛の軽減と予防に効果的です。
 
【ウォーキング】
外に出ることで気分転換にもなり手軽に始められるウォーキング。運動不足解消にも良いでしょう。
急にたくさんの距離を歩くのではなく、少しずつ距離を延ばしていくのがコツです。
 
良い姿勢を意識して歩くことで腹筋と背筋も鍛えられ腰痛を予防、改善することが期待できます。
ウォーキングの目安は週に2~3回程度。3ヶ月以上続けると慢性腰痛に効果的です。
 
腹筋と背筋は30代から老化が始まります。そこに、運動不足が重なり筋肉は硬くなり腰周りの柔軟性も失われてしまいます。
そして、動かせる範囲が狭くなり、腰を少し動かしただけで痛みを生じるようになります。
痛みの改善や予防には、腰周りの筋肉を柔らかくすることと、筋肉を鍛えて腰を守ることが大切です。

 

夏!冷えによる腰痛にご注意!!

2018.07.25 | Category: 腰痛・ヘルニア・ぎっくり腰

今年の夏は特に暑いですね(;´∀`)
暑い夏には欠かせないクーラー!冷えたドリンク!おやつにアイス!お仕事あがりに冷たいビール!(^^♪
外が暑い分、ひんやりと冷たい物が欲しくなりますよね。
 
しかし!!あなたの腰痛の原因がそのクーラー、ドリンク、アイス、ビールと言われたらどうですか?
身体を冷やし過ぎると腰痛の原因になります。
 
具体的に言うと胃腸の冷えが原因です。
胃腸が冷えることで下半身の血流が悪くなり、ギックリ腰などを起こしやすくなるのです。
 

胃腸を柔らかくするポイント

湯舟に浸かる

まずは、身体を冷やさないことが一番です。
夏場はシャワーで済ませてしまう事が多くありませんか?
 
湯舟に浸かってゆっくり身体をあたためることで全身の血流も良くなり胃腸の冷えも防げます。
お風呂の温度は少しぬるめにしてゆっくり浸かるのが良いでしょう。
 

食事に気をつける

夏が旬のキュウリやトマトやレタス、梨やスイカは水分が多く食欲の低下する暑い夏には食べやすい食材ですね。
 
しかし、夏の食材は身体を冷やし胃腸を硬くする原因になります。
身体を温める効果のある食材を意識的に食事に取り入れてみてください。
 
・にんじん・かぼちゃ・たまねぎ・レンコン・じゃがいも・納豆・キムチ・紅茶・しょうが など。
身体を温める食材を覚えるポイントは、冬が旬で、寒い地域でとれる食材です。
 

体操をする

涼しい中にいると知らず知らずのうちに身体は冷えてきます。
特に足先はかなり冷えてきませんか?
 
胃腸を冷やさないためには、下半身を冷やさない!ということがかなり重要になってきます。
 
足先が冷えてきたら、足指を動かす体操をしましょう。
足の指を『グーパーグーパー』と動かしてみてください。
 
ふくらはぎを動かすのも効果的です。アキレス腱を伸ばしたり軽く揉むのも良いでしょう。
下半身の血流が良くなると全身もぽかぽか温まり胃腸も柔らかくなります。
胃腸を柔らかくして腰痛を防ぎましょう。
 

最後に

冷たい物を食べたり、冷えたクーラーの中にいるとどうしても身体が冷えてきてしまいます。
外と部屋の中の温度差も身体にかなりダメージを与えています。
 
なので部屋の中はあまり冷やし過ぎず適度な涼しさを保ちましょう。
冬よりも夏の方が身体を冷やす習慣が多いということを知って頂き、身体を中から温め胃腸を柔らかく、元気に保ちましょう!!
 
 

若者の腰痛~10代に多い腰痛~

2018.07.24 | Category: 腰痛・ヘルニア・ぎっくり腰

腰痛は年寄りがかかるもの。。。というイメージは一昔まえのもの。
今は10代の若者でも腰痛で悩まされている子が増えてきました。
その原因を少しお話します。
 

成長期

10代の頃は身体が急激に大きく成長する時期です。
この時期、骨がグングン伸びるのに対して、筋肉が骨の成長についていけないことで痛みを生じることがあります。
 
また、この成長期を終えた身体は下半身が急激に硬くなります。そのため、スポーツや日常生活の動きで腰に負担がかかってしまい腰痛を引き起こします。
 

ハードな日常生活

早起き、部活の朝練、朝から夕方まで椅子に座りっぱなしで授業を受けて、その後また部活、帰宅したら塾や習い事・・・なんて子も少なくないのではないでしょうか?
 
おまけに、現代の子はスマートフォンやパソコンの普及により睡眠時間が短くなってきています。
 
寝る前のスマートフォンやパソコンの操作は脳が興奮状態になりやすく寝ようと思ってもなかなか寝付けなかったり、寝てもすぐに目を覚ましてしまったり睡眠の質を落としてしまいます。
 
そして、このスマートフォンやパソコンを操作しているときの姿勢がかなり腰に負担のかかる姿勢になります。
 
寝転がってうつ伏せで操作しているときはリラックスしているようですが、うつ伏せは腰にかなり負担がかかる姿勢です。
 
身体をきちんと休ませて翌日に疲れを残さないようにしなければ、いくら若者でも疲労は蓄積され身体の様々なところに負担が生じてきてしまいます。
 

スポーツ

10代の骨は大人の骨に比べて柔らかく強度が未熟です。
この時期にスポーツで起こしやすい腰痛として『腰椎分離症』というものがあります。
 
簡単にいうと腰の骨の疲労骨折です。
これは、運動中に腰を反ったり、捻ったりを反復して行うことで腰椎に骨がぶつかり徐々に骨が中から折れてしまうものです。
 

対策

・下半身のストレッチを入念に行いましょう。
・勉強するときの机や椅子の高さはなるべく身体に合うサイズに調整しましょう。
・寝る前のスマートフォンやパソコンの使用は控え睡眠の質を上げましょう。
 

立ち仕事による腰痛

2018.07.24 | Category: 腰痛・ヘルニア・ぎっくり腰

立ちっぱなしの仕事で腰痛に悩まされている人は少なくありません。
長時間立ったまま作業をしていると足腰に負担がかかりやすくなります。
 
そして人は同じ姿勢が続くことで無意識に左右どちらかに重心を傾けてしまっています。
 
この重心のズレが長く続くことにより身体がゆがみ、腰痛を引き起こす原因になるのです。
 
立ち仕事の人が腰痛を防ぐためのポイントは「良い姿勢」を意識することです。
 
足を軽く開き肩の力を抜いて背中をピンと伸ばします。
腹筋も意識しお腹に力を入れて立つと良いでしょう。
 
と言っても作業をしながら常に意識しているのは難しいですね。
 
出来る事なら1時間に1回しゃがんだり少し歩いたりしてみて下さい。
同じ姿勢を長時間続けると筋肉が硬くこり固まってしまい硬くなった筋肉が神経を圧迫することで痛みが出てきます。
 
人の身体は「長時間同じ姿勢を続ける」ことに向いていません。
同じ姿勢が長く続いているなと感じたら身体を動かすクセをつけてみて下さい。
 
こまめに姿勢を変えてストレッチすることで筋肉の疲労をやわらげ腰痛の予防につなげる事ができます。
 
日頃からのほんの少しの習慣を身に着けて腰を大切にしましょう!

肉体労働による腰痛

2018.07.24 | Category: 腰痛・ヘルニア・ぎっくり腰

じっとしているよりも身体を使う仕事の方が腰が楽という方もいますがやはり、肉体労働の方は腰にかかる負担は大きいですね。
 
重たいものを運ぶのはもちろん腰に負担がかかりますが作業姿勢で前かがみのまま行う作業や立ったりしゃがんだりを繰り返すことも腰を痛める原因になります。
 
体格ががっしりしている。体力的に結構自信がある!という方でも肉体労働を始めて腰痛になったという方が多くいます。
 
なんでがっしりしていて力持ちの人が腰痛になるの!?
 
原因は身体の使い方にあります。
 
しゃがむ時、物を持ちあげる時、台車を押す時など腰を中心に動かしてしまっていませんか?
 
中心に動かす部分は当然、負担が大きく疲労が溜まりやすくなるので痛みを引き起こしやすくなります。
 
ポイントは膝をうまく使う事です。足を一歩前へ出してひざを曲げ作業することで腰にかかる負担を減らすことができます。
 
肉体労働の方はとにかく身体に蓄積される疲労が多いので痛くなる前に筋肉をほぐすなどのケアをすることが大切です。
 
背中や腰、おしり、足、ふくらはぎまで広範囲にわたって疲労している場合がほとんどなので全身のケアがおすすめです。
 
セルフケアとしては、お風呂にゆっくり入り筋肉をリラックスさせてからストレッチをする事が良いでしょう。
 
全身に溜まった疲れを放っておいてしまうとぎっくり腰を起こしてしまったり、腰痛が慢性化してしまい、ひどい場合、お仕事が出来なくなってしまいます。
 
日頃から腰をいたわり意識することで疲労感を蓄積させずに元気に働くことができます。!

寝返りの回数と腰痛の関係

2018.07.24 | Category: 腰痛・ヘルニア・ぎっくり腰

今や日本人の4人に1人が抱えているという国民病とも言うべき腰痛。
ある腰痛の調査で、時間帯別発症状況をみると朝8時~10時までが痛いと感じている人が多いようです。
 
朝起きてすぐ腰が痛いのは本当につらいことですね。
そこで新事実!寝起きで腰が痛い人は夜寝ている間の寝返りの回数が少ない!ということが分かりました。
 
一般的に人は夜寝ている間に20回以上の寝返りを打ちます。
寝返りの少ない(できない)人は、筋肉が硬くなり動きづらくなっているのです。
 
どうしても寝返りが必要なのかというと同じ姿勢が続くことで内臓と内臓脂肪の重さが同じ筋肉に負担をかけ続けます。
 
そのため筋肉が炎症を起こして起きた時に痛みを感じてしまうのです。
内臓、内臓脂肪の重さは体重の4割を占めていると言われているので、この重さがずっと同じところにかかり続けるというのはかなりの負担になるということが分かりますね。
 
なので寝ている間に沢山の寝返りを打ち、筋肉の炎症を起こさせないことで腰痛を引き起こさず元気に朝を迎えられるといことになります。
 
より多くの寝返りを打つためには全身の筋肉を柔らかくしておく必要があります。
普段から身体を動かして全身の筋肉を使うことで寝ている間に無意識にでも身体は楽に動くようになります。
 
 
 

デスクワークの人に起こる腰痛

2018.07.14 | Category: 腰痛・ヘルニア・ぎっくり腰

勤務時間の大半を座りっぱなしで過ごしているデスクワーク!
「ただ座っているだけで腰を使っていないから大丈夫!」と思っていませんか?
 
立っているより座れば「らく~」と思うのは足を休めるからです。
腰に関して言えば立っている時より座っている方が1.5倍腰に負担がかかっています。
 
これは座ることで腰に体重がかかるようになるため腰にかかる負担が大きくなるのです。
 
デスクワークの方の過半数は1日6時間以上、椅子に座っているそうです。
特に、たばこを吸わない人は休憩を取らずに仕事をし続ける傾向にあるため、吸う人と比べて座っている時間が長い傾向にあります。
 
座っているだけでも腰にかかる負担は大きいのに長時間座り続けていると、腰の筋肉は硬くなり痛みが出てきます。
 
これを防ぐためには、まずは「長時間座りっぱなしでいることは良くないこと!」という意識を持ち適度に身体を動かしましょう。
 
「座りっぱなし」は身体を動かさない時間が長いという事で、運動不足にもなりますし腰痛だけではなく病気のリスク・死亡リスクは上がるという研究データーもあります。
 
座りっぱなしでいることで血液の流れが悪くなり血液はドロドロに…
身体の代謝機能も低下し、脳梗塞、狭心症、糖尿病などの病気のリスクもあがりますよ。
 
最低1時間に1回は立ち上がり5分程度の身体を動かすことを心がけましょう。
歩く事で血液が良くなります。屈伸運動もオススメです。
 
ふくらはぎを動かすことで下半身の血液をポンプのように上へ押し上げてくれます。
 
どうしても立ち上がれない場合は座ったままでも出来るストレッチもあります。
椅子に座ったまま、腰を左右に回したり捻ったりするのも良いでしょう。
 
足を伸ばしたまま腰の高さまで持ち上げて足首を前後に動かしたり回すだけでも良いです。
 
「座りっぱなし」によるリスクを知り、お仕事と上手に付き合いましょう。
 

ぎっくり腰になった時にやるべきこと!

2018.06.27 | Category: 腰痛・ヘルニア・ぎっくり腰

私はぎっくり腰になったことはありませんが、小さい頃、父が良くなっていました。
くしゃみをした瞬間にグギッ!と膝から崩れ落ちるように倒れた父の姿にはびっくりしたものです。
 
ぎっくり腰は誰にでも起こる可能性があります。
普段から運動習慣のある人も若い人でも誰にでも起きます。
もしもの時の為に正しい処置を学んでおきましょう!
 
ぎっくり腰の正式名称は「急性腰痛症」といいます。
原因は様々ですが、運動をしていて過度に腰に負担がかかったり長時間座り続けていて立ち上がる時に起きる場合もあります。
 
つまり、腰に異常に負担やストレスが蓄積された時に引き起こされています。
 
ぎっくりこしになってしまったら一番良い対処法はやはりすぐに病院や整骨院へ行くことですが、すぐに行けない場合、初期処が大切になってきます。
 

氷のうの使い方

まず、ぎっくり腰になった時はすみやかに氷のうなどで患部を冷やして安静にすることです。
 
氷のうがある方は氷をたくさんいれ水を少しだけ入れて下さい。
水を少しにする事で氷が長持ちし患部をよく冷やすことができます。
 
患部が痛いくらいにギンギンに冷やすのが望ましいですが、冷たすぎて辛い場合は冷やすことを一度やめ時間が経ったらもう一度冷やして下さい。
冷たすぎる時は無理をせず少しづつ冷やして下さい。
 
氷のうが自宅にない場合は、ビニール袋を代用品として使って下さい。
やぶれないように2重にするなど工夫をし患部をよく冷やして下さい。
 
保冷剤でも冷やすことはできますが直接当ててしまうと低温やけどになる危険があるのでタオルにまいて使って下さい。
 
軽度のぎっくり腰であれば動ける場合もあるのですが、ぎっくり腰になってから2日くらいは炎症がどんどん広がり続けます。
 
ここで無理して動いてしまうとのちの回復に時間がかかってしまうのでとにかく患部を冷やして安静にして過ごしましょう。
 
痛みの強い間は入浴はさけササッとシャワーをあびる程度ですませるのが望ましいです。
 
身体を温めてしまうと全身の血行が良くない。腰の痛みが増してしまうので注意して下さい。
 
きちんと患部を冷やして安静にしていれば2~3日程度で激痛は治まります。
激痛が治まったら徐々にリハビリや治療を行っていきます。
完治するまでは10日~2週間ぐらいかかります。
 

コルセットの上手なつけ方

痛みが強いうちに動く場合はコルセットは効果的です。
コルセットをすることで腰の動きを制限するため余計な負担を腰にかけなくてすむからです。
 
コルセットをつける時は、立った姿勢でお腹をグッと凹ませた状態でつけて下さい。
苦しい、きつい場合は、自分が楽なポイントを探して付けるようにして下さい。
 
痛みが治まってきたらコルセットははずしてしまいましょう。
自分の筋肉で身体を支えることが出来ていないと、腰痛の改善は見込めません。
 
身体を支える筋肉をつけるためにも痛みが治まったら少しづつ身体を動かすことをお勧めします。
 
ぎっくり腰は「くせになる」とよく聞きませんか?
くせになるのは、筋肉が身体を支えられなくなってきているからです。
 
身体を支える筋肉にするには身体のゆがみ・筋肉の柔軟さが必要になるので、専門的な知識が必要になります。
 
ぎっくり腰でお悩みなら一度、鍼灸整骨院 かまたきにご相談下さい。