TEL

健康に悪影響を及ぼす~猫背~について | 痛み・痺れがスッキリ 先生ありがとうと言わせてしまう整体治療院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2016 1月の記事一覧

健康に悪影響を及ぼす~猫背~について

2016.01.23 | Category: 骨盤、O脚矯正・猫背

今日は、様々な健康に悪影響を及ぼす「猫背」についてご紹介します。

 

《猫背の種類》

①首猫背

  首が前傾することで顔だけが前に出ている状態の猫背です。

②背中猫背

  一般的に猫背とよばれるもので、背中が丸くなっている状態です。

③腰猫背

  デスクワークの人に多くみられるもので、腰が丸く曲がっている状態です。

 

 

《猫背の原因》

原因①

 ☆デスクワークやテレビが原因による、日常生活からくるもの☆

→パソコンやテレビの画面に夢中になって、長時間に前傾姿勢になることで猫背の癖がついてしまいます。

また、最近では、スマートフォンの使用も猫背の原因のひとつになっています。

 

原因②

 ☆筋力の低下によるもの☆

→意識的に良い姿勢をキープしようとすると、思った以上に背筋や腹筋を使います。

正しい姿勢には、それなりの筋肉が必要です。

なので、加齢や運動不足で筋力が低下すると、楽な姿勢を取ろうとして猫背になってしまうのです。

 

 

【猫背は姿勢が悪く見えるというだけではありません!!】

健康に様々な影響を及ぼします。

 

人の頭の重さは、5~6キロあります。

正しい姿勢のときは、頭を支えているのは背骨ですが、猫背になると首や肩に負担がかかってきます。

そのため、猫背がひどくなると肩の筋肉の血流量は減少し、結果、頭痛や腰痛を引き起こします

また、背中が丸くなることで胸やお腹も丸くなり、圧迫されます。

胸には、肺があるので胸が圧迫されることで、肺がしっかり膨らまなくなり呼吸が浅くなってしまい、全身に十分な酸素が行き届きにくい状態になります。

その他、胃腸が圧迫されれば、消化不良や便秘が起こります。

 

 

このように、猫背は全身に余計な負担を与え、健康に悪影響を及ぼすので「猫背気味かな?」と思い当たる人は、解消しましょう!!

 

《猫背解消法♪》

まずは、日ごろから正しい姿勢をキープするように意識すること!です。

そして、ストレッチをして、背中をしっかり伸ばすようにすること!です。

 

→正しい姿勢とは・・・

壁に立ったとき、(後頭部・肩・お尻・ふくらはぎ・かかと)が、壁に着いた状態が正しい姿勢です。

この姿勢を普段から意識しましょう!!

 

→ストレッチは・・・

手を身体の後ろで組んで、鼻から息を吸いながら胸を開き、肩甲骨を寄せるようにします。

そして、息を吐きながら頭を後ろに反らせ、手を下方向に引っ張るようにして、息を吐ききったら力を抜いて元の姿勢に戻ります。

 ・ポイントはシッカリ胸を開いて背中を反らすこと!です。「気持がいい♪」と感じる程度に行いましょう!

 

 

 

身体のゆがみを治すなら ☆ 鍼灸整骨院 かまたき

千葉市若葉区東寺山町572-21

TEL043-306-4875

女性にぜひ知ってもらいたい『冷え』について

2016.01.15 | Category: 神経痛・ストレス・慢性疲労

こんにちわ(*^。^*)

暖冬と言われてる今年の冬ですが、先週末から冬らしい寒さになり、今日はついに雪が降りましたね!!

みなさん体調管理をしっかりして風邪などひかないように元気に冬を乗り切りましょうねッ♪

 

今日は『女性の冷え』について~です。

私事ですが年末、妻が子供を産みました(●^o^●)ノ~♪♪♪

つわりに始まり、切迫早産、逆子・・・と、生まれるまでに色々ありました。

 

・ 食べたくても受け付けない。。。

・ 眠たくても眠れない。。。

・ 風邪をひいても薬が飲めない。。。

・ 腰痛に悩まされても十分に治療できない。。。

 

鍼灸師として何かできないか、、、毎日のように勉強しました。

そこで1つ分かったことがありました。

それは『冷え』でした。

冷えは様々なカラダの弊害をひきおこします。

 

例えば有名なところで[逆子]のツボと言えば、至陰と三陰交というツボです。

「逆子がお灸で直る!」というのは科学的根拠はありませんが、産院の先生の薦めるほどのものです。

実際、妻もまわりやすいと言われている時期を過ぎてもなかなか逆子が直らず鍼灸院を紹介されました。

なので毎日自宅でお灸を続けました。

この、至陰と三陰交というツボは冷えに効くツボなんです。

赤ちゃんはお母さんのお腹がまあるくて、柔らかくて、あったかいのが好きなんです。

ところが冷えてしまっていると居心地が悪くて少しでもあたたかい場所へ近づこうと心臓に近い方へ向かいます。

それが、逆子になってしまう理由だとか・・・。

だから逆子に効くツボで冷えが改善されると赤ちゃんは自然に元に戻ってくれるのです。

お灸によって少し冷えが解消された妻はその後逆子が直り無事普通分娩することができました!!

 

お腹が大きくなる妊娠後期に苦しんでいた腰痛も冷えが解消されると軽減されていきました。

もちろん、すべての方が良い結果が出るとは限りませんし、そんなの信じられない!と、いう方もいるかもしれませんが、なにもせずにじっと我慢するよりハリやお灸による東洋医学に頼ってみるのも一つの手ではないか!と思いました(*^_^*)

 

不妊に悩んでいる方にもツボによる体質改善がいいらしいですよ(^_-)-☆

 

腰痛、肩こり、不眠、逆子・・・様々な症状に悩んでいる妊婦さん!これから赤ちゃんを考えてる方!

みなさんご相談ください♪

「妊婦なんですけど~」 「妊娠考えてるんですけど~」大歓迎です!!

 

 

 

女性のための ☆ 鍼灸整骨院 かまたき

千葉市若葉区東寺山町572-21

TEL043-306-4875

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬になると痛くなる…体の不調はなぜ起こる??

2016.01.09 | Category: 神経痛・ストレス・慢性疲労

新年あけましておめでとうございます。

今年もみなさまの健康をお祈り申し上げます。

今年もよろしくお願い致します。

 

年末はブログの更新が滞っていたので今年は頑張っていきたいと思います。

 

『冬になると痛くなる…体の不調はなぜ起こる??』

原因①  寒いと筋肉への血流量は減り、柔軟性は低下します~

寒さのため、筋肉の活動に必要な酸素を血液から取り込む量が減少するため、筋肉が酸欠になり、筋肉は硬くなってしまいます。

硬くなることで、筋肉の柔軟性は低下するので、筋肉への負担がかかりやすくなります。そのため、カラダを痛めてしまう危険性が高くなるのです。

 

原因②  寒さで痛みを感じる神経も活発になります~

痛みなどの刺激を伝える末梢神経は私達のカラダの全体に張り巡らされています。

この末梢神経は筋肉の状態により影響を受けやすくなります。

寒くなると筋肉は縮こまって硬くなります。

硬くなることによって神経は圧迫され、傷つきやすくなります。

 

これらの原因が重なり、寒くなると、『肩こり、腰痛、膝の痛み』などを訴える方が増えてくるのです!!

 

☆対策☆

・冷えの予防のポイントは筋肉の『量』!!

→筋肉をつけると身体の熱量も増加し、冷えによるカラダの不調を予防できます。

 

・ストレッチも効果的です!

→硬くなった筋肉は柔軟性が低下しているので、柔軟性を回復させるストレッチはとても効果的です!

 

当院でも、痛めてしまった筋肉を回復させるための施術や、運動指導なども行っております!!

超音波電気治療は痛みもなくカラダが良好な状態が長く続く!と、人気です。

 

あと、私のオススメはお灸ですね☆

「年寄りくさい~」なんてイメージありますか?

いま、お灸はジワジワと若い方の間でも流行りつつあるんですよ(o´∀`)b

お灸はカラダのツボを刺激し、血流をよくしてくれるだけでなく、お灸のモグサに含まれるチネオールという成分にはリラックス効果があるため心身ともに効果があります!!

 

ぜひ、興味のある方はお気軽にお尋ねください!!

 

それでは、みなさま今年一年を健康に過ごせるように身体のケアをしていきましょう☆

 

 

身体のケア ☆ 鍼灸整骨院 かまたき

千葉市若葉区東寺山町582-21

TEL043-306-4875