TEL

ぎっくり腰になった時にやるべきこと! | 痛み・痺れがスッキリ 先生ありがとうと言わせてしまう整体治療院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2018 6月の記事一覧

ぎっくり腰になった時にやるべきこと!

2018.06.27 | Category: ぎっくり腰

私はぎっくり腰になったことはありませんが、小さい頃、父が良くなっていました。
くしゃみをした瞬間にグギッ!と膝から崩れ落ちるように倒れた父の姿にはびっくりしたものです。
 
ぎっくり腰は誰にでも起こる可能性があります。
普段から運動習慣のある人も若い人でも誰にでも起きます。
もしもの時の為に正しい処置を学んでおきましょう!
 
ぎっくり腰の正式名称は「急性腰痛症」といいます。
原因は様々ですが、運動をしていて過度に腰に負担がかかったり長時間座り続けていて立ち上がる時に起きる場合もあります。
 
つまり、腰に異常に負担やストレスが蓄積された時に引き起こされています。
 
ぎっくりこしになってしまったら一番良い対処法はやはりすぐに病院や整骨院へ行くことですが、すぐに行けない場合、初期処が大切になってきます。
 

氷のうの使い方

まず、ぎっくり腰になった時はすみやかに氷のうなどで患部を冷やして安静にすることです。
 
氷のうがある方は氷をたくさんいれ水を少しだけ入れて下さい。
水を少しにする事で氷が長持ちし患部をよく冷やすことができます。
 
患部が痛いくらいにギンギンに冷やすのが望ましいですが、冷たすぎて辛い場合は冷やすことを一度やめ時間が経ったらもう一度冷やして下さい。
冷たすぎる時は無理をせず少しづつ冷やして下さい。
 
氷のうが自宅にない場合は、ビニール袋を代用品として使って下さい。
やぶれないように2重にするなど工夫をし患部をよく冷やして下さい。
 
保冷剤でも冷やすことはできますが直接当ててしまうと低温やけどになる危険があるのでタオルにまいて使って下さい。
 
軽度のぎっくり腰であれば動ける場合もあるのですが、ぎっくり腰になってから2日くらいは炎症がどんどん広がり続けます。
 
ここで無理して動いてしまうとのちの回復に時間がかかってしまうのでとにかく患部を冷やして安静にして過ごしましょう。
 
痛みの強い間は入浴はさけササッとシャワーをあびる程度ですませるのが望ましいです。
 
身体を温めてしまうと全身の血行が良くない。腰の痛みが増してしまうので注意して下さい。
 
きちんと患部を冷やして安静にしていれば2~3日程度で激痛は治まります。
激痛が治まったら徐々にリハビリや治療を行っていきます。
完治するまでは10日~2週間ぐらいかかります。
 

コルセットの上手なつけ方

痛みが強いうちに動く場合はコルセットは効果的です。
コルセットをすることで腰の動きを制限するため余計な負担を腰にかけなくてすむからです。
 
コルセットをつける時は、立った姿勢でお腹をグッと凹ませた状態でつけて下さい。
苦しい、きつい場合は、自分が楽なポイントを探して付けるようにして下さい。
 
痛みが治まってきたらコルセットははずしてしまいましょう。
自分の筋肉で身体を支えることが出来ていないと、腰痛の改善は見込めません。
 
身体を支える筋肉をつけるためにも痛みが治まったら少しづつ身体を動かすことをお勧めします。
 
ぎっくり腰は「くせになる」とよく聞きませんか?
くせになるのは、筋肉が身体を支えられなくなってきているからです。
 
身体を支える筋肉にするには身体のゆがみ・筋肉の柔軟さが必要になるので、専門的な知識が必要になります。
 
ぎっくり腰でお悩みなら一度、鍼灸整骨院 かまたきにご相談下さい。
 
 
 

朝、目が覚めたら痛い!寝違えた時の対処法

2018.06.24 | Category: 肩こり

朝、目覚めると首が動かなかったり、首に激しい痛みを感じたことありませんか?
 
すぐに痛みが治まる場合もあれば数日間痛みが続く場合もあります。
 
早く治そうと動かしたりもんだり冷やしたり温めたり、首の寝違えで来院される方に聞くと何が良いのか分からず色々試されているそうなので正しい対処法を教えます。
 
首の寝違えは寝ている間に首を不自然に捻ってしまったり枕が合わなかったりして首に負荷がかかることによって生じる首の捻挫の一種です。
 
捻挫なので首の周辺の筋肉や関節、靭帯が炎症を起こして痛みが発生しています。
 
もし寝違えた時は
①無理に動かさないこと
②氷で冷やすこと
 
無理に動かしてしまうとさらに炎症し痛みが増してしまう場合があります。
 
痛みを試すように押したりもんだりもダメです。
むやみに動かすことはせずに痛いところを冷やして首の下さい。
 
お風呂に入って温めたりストレッチをすることもNGです。
氷で冷やして安静にしても痛みが引かない場合はご相談ください。

痛い時の対処法!「冷やす」か「温める」か。

2018.06.19 | Category: 神経痛・ストレス・慢性疲労

痛くなった時に冷やした方がいいのか温めた方がいいのか分からないという声をよく聞きます。
 
先生によっては見解が変わってきますが、当院での対処法は、ズキッ!と痛くなった時は「まずは冷やす」です。
 
大切なのはこの「ズキッ!」です。
「ズキッ!」とは急性の痛みをさします。
 
急性の痛みの代表例は、ケガです。
ぎっくり腰、捻挫、打撲、むちうち、骨折がケガにあたります。
 
この時、痛めた部分が熱を持ち腫れたり激しい痛みをともない「炎症」をおこします。
まずはこの「炎症」をおさえなくてはいけません。
 
この急性の痛みによる炎症は人によりますが2~3日かかります。
見た感じ腫れが酷かったり他の部分と比べて熱を持っている時は急性期ですので、その間はよーく冷やしてなるべく安静を心がけて下さい。
 
急性期の痛みが落ち着いたのにその後なんとなく地味に痛む…これが慢性期の痛みです。
 
患部の炎症は治まって腫れもひき激しい痛みはないけれど痛いこの時期は「温める」のが良いです。
 
慢性期の痛みの原因はずばり血行不良です。
「ズキッ!」と痛めた場所の筋肉が痛みにより疲れて硬くなってしまうのです。
 
なので血流の流れを良くするために温めて下さい。
お風呂にゆっくり入りたい、やけどに気を付けてカイロを使用するのも良いでしょう。
 
マッサージも温めることにつながります。
 
ここまで説明させて頂きましたが結局のところ急性か慢性かわからない…なんて話もやっぱりよく聞きます。
 
「冷やす」か「温める」か対処法を間違ってしまうと痛みを悪化させてしまう場合もありますよね。
 
なので悩んだ時はやはり専門家に相談して下さい。
冷やしたり温めたりすることは大切ですけど、なるべく早めの治療が早期回復の近道です。
 

寝てて足がつった時の対処法!

2018.06.16 | Category: 神経痛・ストレス・慢性疲労

先日、朝方5時過ぎ、ふくらはぎの激痛で目が覚めました。
「こむら返り」というやつです。
 
「つったー!痛い!痛い!」と心の中で叫ぶも、痛すぎて声を出すこともできず浅い呼吸を整えながらゆっくりゆーっくりふくらはぎを伸ばすこと数分…
 
やっとの思いで痛みから解放されました。
 
一般的に「こむら返り」は筋肉の疲労が原因で、運動中や運動後に起こりやすいです。
 
睡眠中に「こむら返り」…そんなに激しい寝相だったのか!?
その時、自分のからだに何が起きたのでしょうか。
 
こむら返りは身体のミネラルのバランスが崩れ筋肉の収縮がうまく行われなくなり、けいれんをおこすと考えられています。
 
しかし、睡眠時に起こるこむら返りは下半身の血流が悪くなりふくらはぎに老廃物や疲労物質が溜まることが原因です。
 
もし、こむら返りが起きたらすぐにつま先を掴んですねの方に曲げて下さい。
曲げる時に痛みを伴うと思いますが、頑張って曲げましょう。
 
こむら返りは、筋肉が過剰に縮んでいる状態なので伸ばす事で早く収まります。
 
万が一の時の為に覚えておいて下さいね
 
 

梅雨の不調、原因と対策!

2018.06.13 | Category: 神経痛・ストレス・慢性疲労

ジメジメ、ムシムシ…強のこの時期、湿度は70%前後にもなるそうです。
しかし、本格的な夏と違い、汗をかきにくいこの季節。
 
頭痛やめまい、その他の症状に悩まされている方が多いのではないでしょうか?
今日は『水毒』という病気のお話です。
 
・胃腸の調子が悪い
・下腹部がポッコリしている
・下半身がむくむ
・頭が重い
・手足が冷えてる
・疲労感がある
・乗り物酔いをする
・舌がネバネバする
 
こんな症状ありませんか?
これは『水毒』によるもので摂り過ぎた水分を皮膚からうまく排泄できず体内に溜め込んでしまっているために出る症状です。
 
喉が渇いたら水分を摂りますよね。
しかし、汗をかかなければ余分な水分は体内に溜まる一方です。
 
余分な水分が溜まると身体は冷えやすくなります。
冷えた身体は代謝が悪いので排泄機能が低下します。そしてさらに水分を溜め込む…という悪循環を引き起こしてしまいます。
 
一般的に一日の水分摂取量の適量は1.5ℓ。
夏場やスポーツをしている時は2ℓと言われています。
 
喉が渇いたらとガブガブ飲むのはNGです。
少量をこまめに摂ることをおすすめします。
 
悪循環を繰り返さない為には水はけのよい身体作りをする事が大切です。
 
水はけを良くするための3か条
1、お風呂で汗を流す
2、スポーツをして筋力アップ
3、水はけによい食材を摂る
 
まずはお風呂にしっかり浸かって、たっぷり汗をかきましょう。
普段からシャワーのみで済ませている方は湯船につかることで冷え、疲労感、むくみがとれてスッキリしますよ!
 
梅雨でなかなか外で運動する機会がなくても大丈夫。
家の中でもできる簡単な筋トレやストレッチでもOK。
毎日やらなくても大丈夫です、週に2~3回でも続けて行う事が大切ですよ!
 
水はけによい食材をご紹介します。
・利用作用のある食材
小豆、冬瓜、緑茶、アサリ、キュウリ、トマトなど腎臓の働きを助けるカリウムがたっぷりです。
 
・発汗作用のある食材
ネギ、ショウガ、シソ、ニンジン、カボチャ、ペパーミントなど身体をポカポカに温め食欲を増進してくれる作用があります。
 
余分な水分がなくなれば全身の血液とリンパの流れがスムーズになり、老廃物が溜まりにくくなり、代謝も上がります。
 
カロリーをしっかり消費できるようになるので健康で太りにくい身体になりますよ!
 
疲れている時に効果的なツボを紹介します。
「湧泉」…足の万能ツボ
 
その通り、生きるためのエネルギーが泉のように湧き出ると言われているツボです。
 
全身の血流が刺激され特に下半身の血行が良くなります。
手足が冷えて寝れない時に押してみるとほんのり温まってきますよ!
 
ツボを押すときは少し痛気持ちいいと感じる程度が良いです。あまりグリグリ強く押すのはNGです!飲酒時や食後30分以内はさけましょう。

50歳を超えても成長し続ける!!

2018.06.12 | Category: 神経痛・ストレス・慢性疲労

最近、自分の身体の衰えを感じます。
鏡を見る時間が短くなって、写真になるべく写りたくありません。(笑)
しかし、面白い記事を見つけたので内容を少しご紹介します。
 

☆50歳を過ぎてからピークを迎える7つのこと

①計算能力は50歳前後でピークに達する
②他人の感情を最もよく理解できるのは50代
③知恵は60歳を超えてからピークに達する
④人生の満足度は69歳で最高に
⑤語彙力は60代後半~70代前半でピークに達する
⑥身体のイメージは70歳を超えてから最も良くなる
⑦精神的な健康のピークは82歳前後
 
年を取ることに良いイメージがない人が多いのではないでしょうか?
しかしこれを見るとビックリしますね。科学者達が様々な研究の結果このようなことを発見したそうです。
 
昔は良かった…若い頃が楽しかった…と思ってしまいがちですが、これを知ると何年後…数十年後の将来が少し楽しみになりますね!
 
今から身体のケアをしていけばで年を重ねても自分の足で歩け日々を楽しく過ごせます。
若いうちから身体のケアをしましょう!
 
身体のお悩みは鍼灸整骨院 かまたきまでご相談下さい。