LINE

知って得する!自分に合った治療院の選び方 | 痛み・痺れがスッキリ 先生ありがとうと言わせてしまう整体治療院

お問い合わせはこちら
HOME アクセス 料金 電話 メニュー
HOME > Blog記事一覧 > 豆知識 > 知って得する!自分に合った治療院の選び方

知って得する!自分に合った治療院の選び方

公開日:2021/11/06 | 最終更新日:2021/11/08 | カテゴリー: 豆知識

身体の不調が表れてどこに行こうか考えるとき、どうやって治療院を選びますか?

「整骨院と接骨院って違うの?」「整体院と整骨院は違うの?」「整形外科と整骨院はなにが違うの?」

ここでは、知ってるようで知らない様々な治療院について解説し、自分に合った治療院の選び方をご紹介します。

治療院の種類

例えば腰が痛くなってどこかに行こうかと考えたとき、以下の選択肢があるかと思います。

・整形外科
・接骨院・整骨院
・整体院
・はりきゅう院
・その他さまざまな、もみほぐし店

大まかにこんなところでしょうか。

その他、ほねつぎ(接骨院・整骨院と同じ)やカイロプラクティック(整体院と同じ)など色々な呼び方がありますがここでは省かせていただきます。

では、一つ一つご説明していきます。

整形外科

医師免許を持った医師がいます。

レントゲン検査や薬の処方など医療行為による治療が可能です。症状によっては外科的処置(手術)を行うこともあります。

接骨院・整骨院

柔道整復師という国家資格を持った施術家がいます。

接骨院整骨院の違いは何?」とよく聞かれますが、同じものです。

急性のケガにおいて健康保険を使用することができます。その他の症状は自費をいただいて施術します。

はりきゅう院

はり師きゅう師という国家資格を持った施術家がいます。

鍼灸(しんきゅう)と、ひとくくりに呼ばれることが多いですが、『はり』と『きゅう』は別々の資格です。

症状によっては健康保険の適応も可能ですが、健康保険を使用する場合は『医師の同意書』が必要になります。

整体院

整体師と言われる人は特に国家資格のような免許は必要なく誰でもできます。

中には、柔道整復師や理学療法士などのように国家資格を持った人もいて、身体について詳しく学んだ経験がある人がやっている場合もあります。

独自の民間資格などがあるようです。

健康保険を使った治療は適応外となります。。

その他さまざまな、もみほぐし店

特に国家資格のような免許は必要ありません。

独自の研修カリキュラムなどがあるようです。

お風呂屋さんにあるみほぐしや、街中にあるリラクゼーションマッサージ店などがこれに当たります。

〇〇分〇〇〇円のような料金設定で行っているところが多く、あくまで慰安であり治療はできません。もみほぐしの種類は多岐にわたりさまざまなニーズに応えるため店舗によって独自の形態があります。

自分に合った治療院とは何か?

それぞれの治療院の違いが分かったかと思いますが、それでは自分はどこに行けばいいのかと言う事です。

ポイントは以下の通りです

・明らかに異常な痛みやその他の症状はないか?
・症状は急性のものか?慢性のものか?
・注射や薬を必要としているか?
・はりやきゅうを希望するか?
・電気や薬だけではない治療を受けたい
・痛みはないが疲れているので楽になりたい

以上のように症状の有無や治療に対する希望など、自分が何を求めるか?を基準にすると、ある程度自分に合った治療院を選ぶことができると思います。

明らかに異常な痛みやその他の症状はないか?

おすすめ 整形外科

明らかに腫れや、強い痛みがある場合は自己判断は危険です。

骨折まではしていなくとも、剝離骨折(はくり・骨の表面がはがれている状態)やひびが入っている場合もあります。

また、ひどい激痛を伴う場合、内科的疾患によるものも考えられますので明らかにひどい場合は整形外科への受診を優先させましょう。

症状は急性のものか?慢性のものか?

おすすめ 整形外科/接骨院・整骨院

整形外科はオールマイティです!急性のケガや骨折、腰痛や肩こりなどの慢性症状についても整形外科は健康保険を使用しての対応が可能です。痛みが強い時は、飲み薬や注射を用いることもできます。レントゲンやCTなど画像検査で診断することができます。

接骨院・整骨院は急性のケガに対して健康保険を使用することが可能です。慢性症状については健康保険適応外となりますが、腰痛や肩こりなど筋肉の痛みや疲労に対する症状の改善を得意としています。

注射や薬を必要としているか?

おすすめ 整形外科

注射や薬などの医療行為は医師にしかできません。湿布や痛み止めなど薬局で購入することができるものでも、病院で処方してもらうと健康保険が適応され安くなる可能性があります。

はりやきゅうを希望するか?

おすすめ はりきゅう院/接骨院・整骨院

はりきゅうは国家資格を持った者が行います。専門的にはりきゅうを行っているところは経絡の流れ(ツボ)を使って全身に鍼を打ち不調の改善を目指します。

また、接骨院や整骨院を経営してるところも、はりきゅうの資格を持っているスタッフがいる場合があります。こちらは全身に鍼を打つよりはピンポイントで硬くなった筋肉に鍼を打ち筋肉の緊張をほぐし症状の改善を目指します。

電気や薬だけではない治療を受けたい

おすすめ 接骨院・整骨院/整体院

接骨院・整骨院は医師ではないため医療行為を行えないため、主に手技を用いた施術になります。直接身体に触れ筋肉の硬さや骨格のズレを見極め、症状が改善するよう導きます。

整体院の施術は、国家資格がないことを除いては、自費理療で行っている接骨院・整骨院と内容はあまり変わりません。手技を用いて骨格を整えたり関節を調整して症状改善を目指します。

痛みはないが疲れているので楽になりたい

おすすめ 接骨院・整骨院/整体院/もみほぐし店

接骨院・整体院などには自費治療メニューがあるところが多く、国家資格を持ったスタッフが身体の疲れをほぐします。その他のもみほぐし店に比べ基本的に身体の構造に詳しいため、疲れの元となる身体の不調を根本から整えることができます。

整体院はすべてのメニューが自費なので、痛みを取る・疲れを癒すなど身体についてどんな要望にも応えてくれることが多いです。

もみほぐし店は社内研修を行っているところが多く、どのスタッフも同じく決まったような施術を行ってくれますが、技術は人により様々です。

 

その他いろいろな悩みや症状を抱えている方がいるでしょう。そのため、一概に「こんな時はここ!」と断定することは出来ませんが以上を踏まえて参考にしていただくといいかと思われます。

とは言っても、その治療院の違いが分かったからと言って、すぐには決められませんよね?

次では症状を例にそれぞれの特徴についてご紹介します。

【長年腰が痛い】ケースで考えてみよう!

まずは、レントゲンなどの『画像検査』や、病名を知りたい!など『診断』をしてもらいたい場合は整形外科一択です。検査や診断は医師にしかできません。

接骨院や整骨院でも「捻挫かな」や「打撲だね」と言われることはありますが、経験上、総合的にみてそのような症状であるということを分かりやすく表しているだけで、『明確な診断』はすることができません。検査や診断をすることは、免許を持っている『医師のみ』がしてもいい事となっています。

しかし、検査や診断は特に重要ではなく、症状をとにかく改善したいと考えている人は数ある治療院の中から自分に合った治療院を探さなければなりません。

・整形外科に通っているけど良くならない
・整形外科ではヘルニアは手術でしか治せないと言われたけど手術はしたくない/怖い
・薬や注射で痛みを抑えるだけの治療ではなく、元から治したい
・整形外科は混んでいて得意じゃない/行ってる時間がない
・仕事が終わってから病院に行きたいが、それでは病院が終わっているためなかなか通えない

以上の理由の方は、整形外科以外の治療院を探す必要があります。

まず、『症状を改善させる』ことが目的であれば、リラクゼーション中心のもみほぐし店では対処できません。

接骨院・整骨院/整体院/はりきゅう院の中から選びます。

これらの治療院はいずれも病院より遅い時間まで営業しているという点において時間の問題はクリアしています。また、予約優先で営業しているところが多いため病院のようにすごく混んでいたり、何時間も待たされるということもありません。

もしも、押したり揉んだりされるのが苦手であれば、ツボを使った施術を行うはりきゅうがおすすめでしょう。

逆にはりやきゅうは苦手であれば、手技を得意としている接骨院・整骨院/整体院が良いかと思われます。

接骨院・整骨院整体院の大きな違いは『国家資格の有無』です。

整体院の中にも資格を有しているスタッフや、技術が高いスタッフはもちろんいますが、無資格であり、なおかつ独自の技術で営業することが可能なので、接骨院・整骨院は有資格者という点においては安心なのではないでしょうか。

何をもって『良い』治療院と考えるか

治療院になにを求めるか?が明確だとしても数ある治療院の中でどこをみて『良い』と考えるかです。

よく聞く口コミを以下にまとめます。

・チェーン店は新人が多くスタッフにより技術がまちまち
・規模が大きい店舗は担当がコロコロ変わるので症状の説明がいちいちめんどくさい
・前回、「次は〇〇する」と言われたのに違う事をされた/治療計画があいまい
・安いと思って通っているが電気をかけて少し揉んでおしまいで良くなってる気がしない
・腰痛専門ってHPに書いてたけど、専門ってほど専門じゃない気がした

このような声は実際のお客様からもよく聞く話です。

実際行ってみて「やっぱり違ったな。」と、ならないように以下に選ぶ際のポイントをまとめてみました。

あなたに合った治療院の選び方

行く前に知っておくこと

自分の症状に対して知識があるのか?HPを見て何が得意かを事前に下調べしておく

近所の治療院に突然行く事が悪いわけではありませんが、医師や施術家も一通り勉強してきたとは言え、ある程度得意分野があります。

近年は、病院でもHPに力を入れているところは多く、得意なことはより詳しく書かれている傾向があります。

HPに症状を詳しく書いていたり、治し方など書かれているところは、それだけその症状に対して力を入れている可能性があるので効果が期待ができます。

よくあるのが『根本改善』や『痛みを元から治します』など、内容が無く漠然と書かれているものです。治療家の考えや症状に対しての知識がないものは要注意です。ただお金をかけてホームページを作成している可能性もあります。

症状に対する考え方や知識は=施術家の人柄をうつすものでもあるので、このホームページ分かりやすいな、見やすいなと感じるものは施術家との相性もいいかもしれませんね!

HPの口コミはどうか?

HPをみた際、口コミの内容が良いと安心できるのではないでしょうか?しかし、口コミがあまりに多すぎるHPは要注意です。口コミを操作している可能性があるからです。いまや、口コミもお金で買えてしまえる時代です。内容をよく読んで考えましょう。

その店舗の開業年数はどうか?

新規オープンのお店が悪いわけではありませんが、個人経営の店舗は特に開業年数はポイントになってくるのではないでしょうか?長いところは信頼と技術があり、それだけ地元の人に愛されているということになります。

グループ経営のところは店舗としての存在が長くても「スタッフがよく変わる」「またオーナーが変わった」などのうわさが絶えないところは注意した方がいいかもしれません。

法令を遵守しているか?

当然ですが、整形外科などの病院には『医師』がいるので、医療行為を施すため健康保険を使った診察が可能です。

しかし、接骨院や整骨院は健康保険を使った施術を行っていますが、症状によって使えないケースも多いです。

健康保険の適応は主に『急性のケガ』に限られています。それ以外の症状は、自費をいただいて治療しています。

例えば、長年の肩こりや腰痛、疲れをとるためのもみほぐしでは健康保険は使用できません。これは、法律で決まっている事です。

もしもあなたが急性のケガではない症状で接骨院または整骨院に行き、健康保険の使用が可能で医療費の3割しかお会計で払わなかった場合、あなた自身も不正行為を行っていることになります。

「肩が凝って接骨院・整骨院に行ったけど健康保険が使えなかったからあそこはダメなところだ。」という話をいまだに耳にすることがありますが、そういったところはきちんと法令を守って営業している優良な治療院です。金額だけをみて「保険を使えないところは高いから保険を使える安いところに行こう」と考えるのは違うのではないでしょうか?

通いやすさは大事!

どんな症状も一回の施術では完治しません。

激痛の場合、ある程度痛みが引くくらいまで症状を落ち着かせることは出来ますが、1回だけで不調を取り除くのは難しいでしょう。

例えば、姿勢矯正や小顔矯正を受けた場合、1回で効果が表れることはありますが、それを定着させるためには何度か繰り返し施術を受けていただく必要があります。

急性のケガの場合は、軽度であっても筋肉や関節、靭帯が元の状態に回復するまでには最低でも1週間はかかります。この間に無理をしてしまうと、症状を引きずってしまったり同じようなケガを繰り返すことになりかねません。

また、慢性症状は長い年数をかけて徐々に悪化していくものなので、施術後一時的に身体が楽になったとしても1回の施術だけでは慢性的に不調が出る元の原因までを改善させることはできません。

身体を急に変化させると、身体はびっくりしてしまい不調と感じてしまいます。そのため、回復、改善させるためには一定期間きちんと通い、徐々に良い状態へと導くことが大切です。

定期的に通うために以下のようなことを調べてみましょう。

・店舗の営業している時間と自分の通える時間帯は合うのか?
・車で行った場合駐車場はあるのか?
・仕事が終わってからでも行ける場所か?時間はどうか?
・子連れで行っても大丈夫か?

このようなことを考え、自分が通いやすい治療院を選ぶようにしましょう。

電話やHPのメールで問い合わせをしてみよう

治療院に行く前に余裕があるようであれば、問い合わせをしてみることもおすすめです。

電話の対応が良かったり、メールでのやり取りができるような治療院は行く前にスタッフの雰囲気がわかったり、症状の相談が出来ます。

事前に金額についてきちんと答えてくれるところは安心です。問い合わせの際は、窓口でいくらかかるかドキドキすることがないよう色々聞いてみましょう。

実際行ってみた際の対応はどうか

問診での対応

問診の際、ろくに話も聞かずに、どんな事をするのかの説明もなく、いきなり淡々と施術をすすめてしまう治療院は考えものです。

良い治療院であれば、どんな計画で治療を進めていくかを一緒に考えに、その症状について一人一人により合った提案をしてくれるはずです。

また、分からないことや不安なことなどに対して曖昧なままにせず、きちんと説明してくれるところがおすすめです。

施術後の対応

実際に施術を終え、あなたの身体に変化を感じられなかった場合や、施術後から痛みや違和感を感じている場合は、その施術があなたの身体には合っていない可能性も考えられます。

しかし、身体の状態がもともと良くなかった場合、良くなるための変化の段階で一度症状が悪化したように感じる場合があります。

そのことも含めて、きちんと説明や対処法の話があればよいですが、特に説明がなかった場合は悪くなってしまったと不安に思うでしょう。

施術後のケアまでしてくれる治療院は信頼できます。

【鍼灸整骨院かまたき】について

治療院探しは難しいですね。

なにをもって『良い』とするかは人それぞれ違ってきます。

・とにかく金額が安ければいい
・強くきつめに揉んで欲しい

・話しやすいスタッフがいい
・近所の人に見られたくないから遠くがいい
・値段は気にしないからとにかくすぐにでも良くなりたい

など、要望はさまざまです。

鍼灸整骨院かまたきでは、みなさまのご要望に出来るだけ寄り添いたいと考え日々対応しておりますが、なかなかうまくいかないこともあります。

当院は、鍼や灸をすることも出来ますし、整骨院なのでケガに対して健康保険を使った施術も可能です。慢性症状に対しては、自費メニューで症状を診させていただいております。

最近では、急性症状の方も以下のような理由から自費メニューを選ぶ傾向にあります。

・会社にめんどくさいことを聞かれるから健康保険は使いたくない
・腰が痛いんだけど全身疲れているので全身含めて自費でもいいから診てほしい
・保険を使った治療は範囲が狭く治るまで時間がかかるから自費でいいから短期間で治したい

などの要望が増えている傾向があるように感じます。それぞれの事情に臨機応変に対応できるよう努めております。

みなさまの喜びの声や、口コミが私たちの成長につながっています。良い声、悪い声含めて、皆様のお声が私たちの励みになっています。