LINE

眼精疲労 | 痛み・痺れがスッキリ 先生ありがとうと言わせてしまう整体治療院

お問い合わせはこちら
HOME アクセス 料金 電話 メニュー
HOME > 眼精疲労

眼精疲労

目の周りや頭皮、首、肩などのツボを刺激して目の疲労や痛みを取り除きます。

こんな方におススメ
・目のかすみ、目の疲れ
・目がしょぼしょぼする
・目の奥が痛む
・目の重圧感
・まぶたがピクピクする
・目が充血している
・視力の低下
・目が疲れると頭痛や肩こりになる(ひどいと吐き気を伴う)

眼精疲労とは

PCやスマホの普及に伴い液晶画面を眺め目を酷使する時間が増えている現代。

疲れ目程度であれば十分な休息や睡眠で回復しますが、しっかり休んでも目の疲れや痛みが解消されない場合や痛みや疲れを感じる範囲が増えている時、症状が全身に及んでいる時は眼精疲労と呼びます。

医学的には「眼精疲労」の症状は全身に及ぶため休息する程度で回復する「疲れ目」とは区別して考えられています。

眼精疲労はライフスタイルによる目の使い過ぎが主な原因であるため仕事や環境の変化がない限り自然に治ることはありません。

「ただの疲れ目」と軽く考えずに早めの対処が必要です。

どうして眼精疲労は起こるのか

1番の原因は目の使い過ぎによる目の周りの筋肉の緊張です。

物を見る時ピント合わせの役割をする毛様体筋、眼球を動かす外眼筋が目の使い過ぎにより凝り固まってうまく働かなくなることで目のかすみや見えずらさを感じます。

見えずらいのに無理して見ようと集中すると、目の周りを覆っているドーナツ状の筋肉である眼輪筋やその横にある側頭筋が疲労し固くなり目が開きづらい、目が乾くなどの症状が現れます。

目の痛みや疲れに付け加え、精神的ストレスがかかることで自律神経の働きが悪くなり筋肉に十分な血液が流れなくなるため筋肉は固くなります。

その結果、目の周りの筋肉は通常時の2~5倍に膨れ上がります。

この筋肉が目の周りの神経を圧迫し、めまいや頭痛、耳鳴りなどの様々な症状を引き起こします。

これが眼精疲労です。

眼精疲労の原因は大きく分けて3つあります。

①目の問題

・近視や遠視・乱視・老眼など視力が悪い場合に使用するメガネやコンタクトレンズの度が合わない時、ピントを合わせようと無理をして目は疲労を感じます。

・ドライアイは目の表面を保護する涙の量が少なくなってしまう事です。

涙は常に目の表面に膜を作り目を守っているのですが、この表面の膜が減少する事で光の反射が乱れ、見えづらさを感じるようになります。

 

②環境の問題

目を疲れさせる原因は、普段どのような環境にいるかも重要です。

・PCやスマホなど操作する時間が長い

・エアコンの風が常に目に当たる状態にある

・照明の有無や光の色や強さ

・睡眠不足

・仕事が夜勤だったり海外へ行くことが多いなど生活のリズムの乱れ

 

③全身の健康状態

・目の酷使以外に普段から全身の疲労度が高かったり疲れやすい体質である

・仕事やプライベートにおいて心理的ストレスに常にさらされている

・血圧異常や糖尿病、自律神経失調症や月経異常など目以外の病気を患っている

眼精疲労はこのようないくつかの原因が重なり疲れが解消できなくなった場合に引き起こされます。

 

眼精疲労の治し方

症状が全身におよぶ眼精疲労は単に目のまわりの筋肉にアプローチするだけでは改善されません。

鍼灸整骨院かまたきでは、眼精疲労の改善にあたり目だけではなく主に首と肩へアプローチすることで血流を改善し症状の緩和をはかります。

また症状が全身に及んでいる方は見えずらいことによって首が前に出てしまうケースも多くストレートネックや猫背など不良姿勢の方が多いので全身をトータル的にケアする必要があります。

けい椎や骨盤の矯正など行う事で元から治していきます。

手技

ほどよい刺激で硬く凝り固まった筋肉をほぐし疲れや痛みを解消します。

ツボを用いて自律神経を整えることで血液やリンパの流れの改善をはかります。

骨格のズレを矯正しカラダ全体のバランスを整えることで全身の巡りを改善する事で自然治癒能力を高めます。

 

はり治療はより深部の筋肉へアプローチが可能であり、目の周りなど筋肉が小さい部分には特に有効です。

眼精疲労を改善させる上で重要な筋肉に「後頭下筋」という筋肉があります。

首の後ろの方にあるこの筋肉は物を集中して見る時に強く緊張する筋肉ですが、奥の方にある筋肉のため指圧やマッサージではアプローチが難しい筋肉です。

そのためはりによる方法はとても効果的です。

 

はり治療のメリット

・より深部の筋肉へのアプローチ

・過敏になっている神経の働きを平常に戻すことで鎮痛効果をもたらす

・血行不良や身体機能の低下に対しはりで刺激することでこれらの働きを活発にし免疫力を向上させる

自分でできる眼精疲労の対処法

目がチクチク痛い

⇨目の表面の症状からくる痛みが考えられます。(ドライアイなど)

読書や画面をじっと集中して見ているとまばたきの回数が減りドライアイになりやすくなします。

文字や画面を見るのを止め、まばたきを意識的にすることで涙が出てきて目の感想を防ぎます。

目がしょぼしょぼする

⇨「目の使い過ぎ」です。

目の使い過ぎにより、目の周辺の血行不良が原因で筋肉が硬くなっていることが考えられます。

温める事でしょぼしょぼが改善されます。

ホットアイマスクや蒸しタオルなどを目に乗せて目を閉じて5~10分程度ゆっくりリラックスすると効果的です。

充血・目が赤い

⇨寝不足などが原因で炎症や充血を起こしている事が考えられます。

冷やすと効果的です。

目の中の血管が膨張しているので、目や目の周辺を氷のうなどで冷やすことで改善されてきます。

温めると逆効果になるので、ご注意ください。

目の疲れからくる頭痛・肩こり

⇨目を酷使し過ぎたために、目だけではなく肩の痛みや頭痛にまで発表したケースです。

目を酷使することで、筋肉疲労を起こし、血流が悪くない痛みを発生させます。

温めて下さい。

湯船につかる。ホットパックやホッカイロを使うなどして温める事によって血流が改善され、痛みが解消されます。

軽くストレッチをすることでさらに筋肉の硬さもほぐれ、効果が増します。

☆症状が目以外にも出始めたら☆

・ゆっくり湯船につかり全身をリラックスさせること
・睡魔を十分にとること
・適度な運動やバランスの良い食事を心掛けること
・目を酷使している環境を見直してみる

目に良いツボ

睛明(せいめい) 太陽(たいよう) 合谷(ごうこく)
睛明(せいめい)
目頭と鼻の間のくぼみ
※目に入らないように押して下さい。

太陽(たいよう)
目尻と眉尻の間から
指三本分のくぼみ
※円を描くように押して下さい。

合谷(ごうこく)
手の甲の親指と人差し指の間
※親指と人差し指で挟むように
押して下さい。