千葉市でヘルニア腰痛・慢性腰痛・頭痛肩こりの整体が得意な鍼灸整骨院かまたき 鍼灸整骨院かまたき 鍼灸整骨院かまたき(FAQ)

頚椎椎間板ヘルニアの原因と治療法

class=wp-image-2942

頚椎(けいつい)、つまり首の骨は、7つの椎体(ついたい)と呼ばれる骨と、骨同士がぶつかった際クッションのような働きをするゼリー状の椎間板(ついかんばん)と呼ばれる組織から構成されています。

このクッションのような働きをする椎間板が過度の圧力によって損傷し、内部のゼリー状のクッションが外に飛び出てしまう状態を『ヘルニア』と言います。それが首で起こっているものを頚椎椎間板ヘルニアと言います。

主な症状は、ヘルニアによって首の神経を圧迫することで起こる、手や腕に起こる痛みやしびれです。その他、手や腕の動かしにくさや、力がはいりづらいと言った症状がみられます。

ここでは頚椎椎間板ヘルニアの症状について解説すると共に、その原因や対処法について説明していきます。

頚椎椎間板ヘルニアの原因

首は、回す傾けるなどいろいろな方向に動くようできているため、その構造上外から加わる力の影響を受けやすく、日常的な不良姿勢や瞬間的にかかる圧力が原因となって、頚椎椎間板ヘルニアが発症することがあります。

  • 日常的な姿勢の乱れ
  • 重い荷物を持ち上げるときにかかる首への負荷
  • スポーツによる過度の負荷
  • 加齢による椎間板の衰え

頚椎椎間板ヘルニアは、これらが原因となり椎間板が傷つくことで押しつぶされて飛び出します。

通常、クッションのような働きをしている椎間板は簡単に傷つくことはありませんが、長時間同じ姿勢でいることによる負荷や、日常的な不良姿勢による負荷、スポーツによる過度の負荷などが原因となって損傷することがあります。

加齢に伴う椎間板の老化

加齢に伴う老化の影響から椎間板の水分量が減少します。

そうすると、通常は弾力性がありクッションの役割をしている椎間板が硬くなり、衝撃を吸収することができなくなってしまうため、ぶつかることで損傷し、椎間板ヘルニアが発症することがあります。

頚椎椎間板ヘルニアの症状

軽度の場合、手や腕の痛みや痺れ、動かしにくさや重だるさなどの症状があらわれます。

はじめは、首の痛みや肩こりのような痛み、首を寝違えた感じの痛みなどが多いため、すぐにヘルニアを疑うことはできませんが、首を動かすことで痛みが強くなる場合は、頚椎ヘルニアの可能性を疑います。

症状が重症化してくると、手や腕の感覚がなくなったり、手先を使う細かい作業が難しくなります。その他、下半身に症状がでてきたり、排泄障害がみられることがあります

頚椎椎間板ヘルニアはどのような人に起こる?

男女比では3;1で男性に多く、年代的には働き盛りの30~50代の人に多く起こります。

一般的には以下のような人が頚椎椎間板ヘルニアのリスクが高いとされています。

  • 30~50代の働き世代
  • 激しいスポーツをしている人(ラグビー・格闘技など)
  • 首に負担がかかる職業の人
  • 長時間デスクワークを行う人
  • スマートフォンの使用時間が長い人
  • 姿勢が悪い人
  • 喫煙者
  • ストレスを抱えやすい人
  • 首を負傷したことがある人
  • 遺伝的要素   など。

頚椎椎間板ヘルニア 日常生活での対処法

多くの方は、頚椎椎間板ヘルニアの治療に、手術を行わない保存療法が選択されます。

保存療法では、普段の姿勢や動作、癖を見直すとともに、筋肉の緊張を取り除き、必要な筋肉を鍛えることで、症状を和らげ改善を目指していきます。

一方、頚椎椎間板ヘルニアの状態が重い人は手術が選択されることがあります。

しかし、ヘルニアを取ってしまったとしても神経症状が完全に解消されるとは限らず、痛みやしびれの症状が残ってしまうケースもみられます。

いずれにせよ、頚椎椎間板ヘルニアは日常生活における姿勢や動作を見直すとともに、首に大きな負担がかからないよう心掛けることが大切です。

頚椎椎間板ヘルニアのやってはいけないこと

①うつむく姿勢

スマートフォンを操作する姿勢や、読書をする姿勢はうつむくことが多く、首に負担がかかりやすいです。

症状が強く出ている時は、なるべく控えて、首に負担がかからないようにしましょう。

①重い物を持ち上げる

重い物を持ち上げるときは、どうしても首に負担がかかります。

首はさまざまな方向に動くようできているため、その構造上、重みに対するパワーがありません。

③冷えは大敵

冷えることで血液循環が悪くなり、筋肉が硬くなります。

硬い筋肉は働きが悪く、重い頭を支える力が弱くなるので頚椎に負担がかかりヘルニアを助長させる可能性があります。

ただし、痛みが強く患部に熱感がある場合は、炎症が広がっているときです。そのため、これ以上炎症を広げないために一時的に氷のうなどで患部を冷やすことで楽になります。

④自己流の筋トレやストレッチ

専門家の指導の元、筋肉をほぐしたり鍛えたりするのは良いのですが、自己流で行うことは症状をさらに悪化させる可能性があるため止めましょう。

また、普段から運動やスポーツをしている方は、症状がある時は運動を控え安静に過ごしてください。

⑤服薬を極端に避け、痛みを我慢すること

痛みが強くあらわれているときは鎮痛剤の服用をお勧めします。

痛みを我慢し過ぎると、痛みによるストレスで筋肉の緊張がさらに強くなり症状の悪化招く可能性があります。

また、痛みが強く十分な休息が取れないと睡眠の質が低下してしまい自己免疫機能が低下します。免疫力の低下によって細胞の修復が遅れ症状が長引く可能性があります。

鍼灸整骨院かまたきで行う『頸椎椎間板ヘルニアの施術』

しびれや痛みの症状が強く、1日以上持続的に続いているときは、他の病気の可能性も考えまずは整形外科や脳神経外科などの病院を受診し、適切な診断を行ってもらうことをお勧めします。

整骨院を受診する目安

しびれや痛みの症状が出たり出なかったりする方、痛みはさほど強くはないがなんとなーくずっと重だるい感じがする方などは、手術をしなくても当院の施術で良くなる可能性があります。

整骨院で施術可能な椎間板ヘルニアは、血行不良による筋肉の硬さ、それによる神経の圧迫が原因で、椎間板が押しつぶされヘルニアが飛び出したと考えられます。

ヘルニアの手術を勧められたけど手術はしたくない」という方は一度ご相談ください。

頚椎椎間板ヘルニアは、多くの方が整骨院で行う手技によって改善しています。

手技とは簡単に言うとマッサージのようなものです。

椎間板を圧迫している硬い筋肉を手技で柔らかくほぐします。⇒筋肉が柔らかくなることで血流が良くなります。⇒それにより血液に乗って全身に多くの栄養や酸素が運ばれることで細胞の修復が起こります。

手技を行うことで、筋肉の硬さやハリ、コリを取り除き血流が良くなることで自然治癒力が高まりヘルニアの症状を改善します。その結果、手術しなくてもしびれや痛みを改善し、元気な日常生活を取り戻すことが出来るようになります。

頸椎椎間板ヘルニアでお悩みの方は一度『鍼灸整骨院かまたき』にご相談下さい。