千葉市でヘルニア腰痛・慢性腰痛・頭痛肩こりの整体が得意な鍼灸整骨院かまたき 鍼灸整骨院かまたき 鍼灸整骨院かまたき(FAQ)

脊柱管狭窄症の原因と予防と対策法

class=wp-image-2688

脊柱管狭窄症は、脊柱管が狭くなることで神経や脊髄が圧迫される症状です。この狭窄により、神経や脊髄に障害が生じ、様々な症状が現れることがあります。この症状は、年齢とともに進行する傾向があり、高齢者によく見られますが、若年層でも発症することがあります。

脊柱管狭窄症の原因

脊柱管狭窄症の原因は多岐にわたりますが、主な要因は以下の通りです。

  1. 加齢: 加齢に伴い、脊椎の構造や関連する組織が変化し、脊柱管が狭くなることがあります。脊椎の変性や骨棘(こつ)の形成などがその一因として挙げられます。
  2. 椎間板の変性: 椎間板の水分や弾力性が減少することで、椎間板が変性し、脊柱管の空間が狭くなる可能性があります。これにより、神経や脊髄が圧迫されることがあります。
  3. 骨の変形: 脊椎の骨が変形することで、脊柱管が狭くなることがあります。例えば、椎間板ヘルニア、脊椎の変形性関節症、棘突起(こつつき)の肥大化などが原因となります。
  4. 外傷: 脊椎に外傷が加わることで、骨の変形や損傷が生じ、脊柱管が狭くなることがあります。交通事故やスポーツの際の怪我などが原因となることがあります。
  5. 先天性因子: 一部の人は、生まれつき脊柱管が狭い傾向があります。これは脊柱管狭窄症の発症リスクを増加させる要因となります。
  6. 遺伝的要因: 脊柱管狭窄症は家族内で遺伝することがあります。遺伝的要因が脊柱管の形状や構造に影響を与え、狭窄を引き起こすことがあります。

これらの要因が組み合わさることで、脊柱管狭窄症が発症する可能性が高まります。また、これらの要因は個々の症例によって異なるため、症状や進行の程度も異なります。早期の診断と適切な治療が重要であり、専門家の指導のもとで適切な対処が必要です。

脊柱管狭窄症の症状

class=wp-image-2689

脊柱管は、脊椎骨が積み重なった柱の中にあり、神経や脊髄を保護する役割を果たしています。しかし、加齢や外傷、骨の変形などにより、脊柱管が狭くなることがあります。この狭窄によって、神経や脊髄が圧迫され、痛みや感覚の異常、筋力の低下などの症状が引き起こされます。

脊柱管狭窄症の症状には、以下のようなものがあります。

  1. 腰痛や脚痛: 腰部や臀部から下肢にかけての痛みが現れることがあります。歩行時や特定の姿勢で痛みが増すことがあります。
  2. 感覚異常: 足のしびれや痺れ、または知覚異常が現れることがあります。特定の部位に鈍痛やピリピリ感があることがあります。
  3. 筋力低下: 足や腕の筋力が低下し、歩行や日常生活の動作が困難になることがあります。
  4. 排尿・排便障害: 脊髄が圧迫されることで、排尿や排便に関する問題が生じることがあります。

脊柱管狭窄症の診断は、患者の症状や身体検査、画像検査(MRIやCTスキャンなど)によって行われます。治療法は、症状の重症度や原因に応じて異なりますが、保守的な治療(薬物療法、理学療法)から手術治療まで幅広い選択肢があります。早期の診断と適切な治療が重要であり、症状の悪化を防ぐために積極的な対応が必要です。

脊柱管狭窄症の治療法

脊柱管狭窄症の治療方法は、症状の重症度や原因によって異なりますが、以下に一般的な治療法をいくつか紹介します。

保守的治療

薬物療法: 痛みや炎症を和らげるために、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)や痛み止めが処方されることがあります。

理学療法: 筋力強化や姿勢の改善を目的として、理学療法士が運動療法やストレッチング、体操を指導します。これにより、痛みの軽減や身体機能の改善が期待されます。

脊柱管拡張療法

牽引療法: 脊椎を引き伸ばすことで脊柱管の圧迫を緩和する治療法です。医療機関で行われる物理療法の一つであり、脊椎のストレッチや解剖学的な配置の改善を促進します。

注射療法

硬膜外注射: 脊髄や神経根近くに抗炎症薬や局所麻酔薬を注入することで、痛みや炎症を和らげる治療法です。症状の軽減や日常生活の機能回復が期待されます。

手術治療

脊柱管拡張手術: 脊柱管を拡張する手術で、神経や脊髄の圧迫を解消します。手術にはいくつかの方法があり、脊椎の骨を取り除く椎弓切除術や脊柱の固定を行う手術などがあります。

補助的治療法

鍼灸療法: 鍼を使って特定の経絡やツボを刺激することで、痛みや炎症の緩和、筋肉の緊張の緩和が期待されます。

マッサージ療法: 筋肉の緊張を緩和し、血液循環を改善することで、痛みの軽減や身体機能の改善が期待されます。

脊柱管狭窄症の治療は個々の症状や状態に応じて選択されるべきです。医師の診断と指導に従い、適切な治療法を受けることが重要です。また、生活習慣の改善や適切な運動、姿勢の保持など、日常生活での注意も大切です。

脊柱管狭窄症の予防と対策

脊柱管狭窄症は、加齢や遺伝的要因などの影響を受けるため、完全に予防することは難しいですが、以下のような対策を取ることで、症状の進行を遅らせたり、症状の軽減を図ることができます。

  1. 適切な姿勢の維持: 正しい姿勢を保つことは、脊柱管狭窄症の発症を防ぐうえで重要です。長時間同じ姿勢でいることや、不適切な姿勢での作業は、脊椎への負担を増加させる可能性があります。座位や立位での姿勢を意識し、適度な休憩を取ることが大切です。
  2. 適度な運動: 適度な運動は筋力や柔軟性を維持し、脊柱の健康をサポートします。特に背筋や腹筋を強化するエクササイズは、脊柱を支える筋肉を強化し、姿勢を改善するのに役立ちます。ただし、無理な運動や脊椎に負担をかける運動は避けるようにしましょう。
  3. 体重管理: 過体重や肥満は脊柱に余分な負荷をかけ、脊柱管狭窄症のリスクを増加させることがあります。健康的な食生活と適切な運動を通じて、体重を管理し、理想的な体重を維持することが重要です。
  4. 安全な姿勢と動作: 日常生活や仕事中には、脊椎に負担をかける可能性のある動作を避けるようにしましょう。重い物を持ち上げる際は、正しい姿勢を保ち、膝を曲げて持ち上げるようにします。また、長時間同じ姿勢でいる場合は、定期的に姿勢を変えたり、休憩を取ったりすることが大切です。
  5. 喫煙の避ける: 喫煙は椎間板の健康を損なう可能性があります。ニコチンや他の有害物質が血流を制限し、椎間板の栄養供給を阻害するため、脊柱管狭窄症のリスクを増加させることが知られています。

これらの対策を実践することで、脊柱管狭窄症の発症や進行を遅らせ、健康な脊椎を維持することができます。定期的な健康チェックや医師の診断を受けることも重要です。

鍼灸整骨院かまたきの脊柱管狭窄症に対する対応

外傷や先天的・遺伝的要素がなく画像診断で骨の変形がない場合、身体のゆがみと筋肉が硬くなることで脊柱管狭窄症が起きている可能性が高いです。

その場合、骨盤や背骨の骨格の調整を行い脊柱管にかかっている圧力を軽減させる施術を行います。

続いて、硬直している筋肉の緊張をとき背骨の動きがスムーズに行えるようになることで脊柱管の狭窄が解放されていきます。

個人差はありますが、全身整体を5回から10回程度の施術を目安に脊柱管狭窄症が改善していきます。

まとめ

脊柱管狭窄症は、症状の程度に応じて患者の生活に影響を与える可能性があります。早期の診断と適切な治療は、症状の進行を遅らせることができるため、重要です。