千葉市でヘルニア腰痛・慢性腰痛・頭痛肩こりの整体が得意な鍼灸整骨院かまたき

病気の可能性がある腰痛!危険な腰痛の見分け方

腰痛は人によって症状の重さは違うものの、安静にしていたり、湿布を貼るなどの簡単なケアでも回復が見込めることも多いため、軽視されやすい症状です。

実はそんな腰痛も、ただの腰痛と思っていたら命の危険が及ぶものや内科的な病気が潜んでいる場合もあるため、症状が長く続く場合は自己判断で済ませず、医師の診断を仰ぐことが大切です。

ここでは、腰痛を発生させる病気の種類や、腰痛と一緒にあらわれるその他の症状をまとめました。

腰痛の85%は原因不明である

腰痛を訴える約85%の人は、検査をしても特に骨や関節には異常が無く、これといった原因が見当たらないと言います。

そして、残りの約15%の腰痛は骨や関節に何らかの問題が見つかり、中には重篤な病気に繋がる原因が特定されるケースもあります。

そのため、いつもとは違う腰痛を感じた時は安易に考えず、危険な病気が隠れていないか専門医に診てもらうことが大切です。

整形外科とは違う分野の病気による腰痛がある

腰痛を感じる多くの方は、筋肉や骨、関節に異常があるのではないかと考え、『整形外科への受診』を思い浮かべるかと思います。

そして実際に多くの方が、整形外科を受診することでその腰痛が危険を伴う可能性のある腰痛かそうでないかを知ることができます。

しかし、整形外科の疾患とは違う分野の病気が腰痛の原因になることがあります。

【 脊椎 】
・脊椎由来の腰痛は、ガンや感染症を含め、脊椎の変形や骨折または炎症などが影響し腰痛を発生させます。
【 神経 
・神経由来の腰痛は、主にガンが神経を圧迫し腰痛を発生させます。
【 内臓 】
・内臓由来の腰痛は、結石や炎症またはガンなどが影響し腰痛を発生させます。

多くの腰痛が、筋肉の使い過ぎや硬さが問題で起こるのに

病気を伴う可能性がある危険な腰痛の『その他の症状』

重篤な病気が潜んでいる腰痛には、腰痛に加えて特徴的な症状が見られます。

  1. 身体を動かさなくても昼夜問わず腰痛がある
  2. ケアを行っているのにも関わらず、1ヶ月以上腰痛が続いている
  3. 発熱
  4. 急激な体重の減少
  5. 手足のしびれや感覚の麻痺
  6. 尿や便の失禁

当てはまるものがありますか?以下で1つ1つ解説していきます。

1 身体を動かさなくても昼夜問わず腰痛がある

通常、約85%の原因不明と言われている腰痛は「身体を動かした時」に痛みを自覚します。

  • 朝起きた時にズキッとした痛みを感じる
  • 動くと痛みや重だるさを感じる
  • 安静にしている時は痛みが軽減している

以上のように日内変動はあるものの、その多くが活動状態の時に腰痛を自覚しています。

しかし、昼夜問わず何もしていないのに常に腰が痛いと感じる場合は、重篤な病気が隠れている可能性が考えられます。

2 ケアを行っているのにも関わらず、1ヶ月以上腰痛が続いている

適切なケアを行っているのにも関わらず、1ヶ月以上の腰痛が続いている場合は、危険な腰痛である可能性があります。

もちろん行っているケアが腰痛の症状と合っていない事も考えられるため、必ずしも危険と判断することはできません。

しかし少なからずケア行うことで症状は軽減すると考えられるため、全く効果が感じられない場合には内科的疾患の可能性も視野に入れ、まずは内科を受診することをお勧めします。

3 発熱

原因不明の85%の腰痛の原因は、筋肉の硬さや疲労、精神的ストレスが関係していると考えられます。

疲労やストレスにより多少の発熱は考えられない事もないのですが、そう多くはありません。

腰痛があり発熱が続く場合は、身体の中で何らかの炎症が起き、内蔵由来の病気が隠れている可能性が考えられます。

50歳以上で慢性的な腰痛がある方や過去にガンの経験がある方は、腫瘍やガンの再発なども考えられるため、まずは内科で相談してみましょう。

4 急激な体重の減少

痛いことを取り除けば日常生活に変化がないとき、単純な腰痛による急激な体重の減少は考えにくいです。

内科的疾患が潜んでいる可能性があるため、まずは内科を受診することをお勧めします。

5 手足のしびれや感覚の麻痺

腰痛を伴う手足のしびれや感覚の麻痺は、脊椎の変形やヘルニアなどの問題が発生している可能性があるため、整形外科を受診することをお勧めします。

6 尿や便の失禁

尿と便の失禁がある場合は、神経由来の病気が隠れている可能性があります。

腰の近くには尿や便の排泄をコントロールする神経が存在し、これらが圧迫を受けた際に排泄のコントロールが困難になり失禁してしまうケースがあります。

腰痛に加えて尿漏れや失禁の症状がある場合は泌尿器科または整形外科に相談することをお勧めします。

女性特有の腰痛

産婦人科系の疾患で腰痛が起こる場合があります。主に子宮筋腫や子宮内膜症などの病気が見られるケースがあり、腰痛に加え、以下のような特徴的な症状が見られます。

  • 月経痛
  • 不正出血
  • 背中や足まで広がる広範囲の痛み
  • 下腹部のしこり

これらの症状がある場合には産婦人科の受診をオススメします。

まとめ

腰痛を経験したことがある方は多く、大抵の場合は安静にすることですぐに回復してしまいます。

そのため腰痛を軽く考えてしまい、実は重篤な病気が潜んでいたのにも関わらず見逃してしまうような事だけは避けたいものです。

普段から自分の身体に興味を持ち「いつもと違うな」という身体の違和感に気付けるようにしておくことが、健康を守る第一歩です。